PCネットワークサポートブログ

PCサポート

2022.08.17

休み明けは危険がいっぱい

お盆休みもあけて、お仕事再開という中で注意しないといけないのがメールです。

こういったタイミングでよくウイルスに感染してしまうというパターンが非常に多いです
特に昨今エモテットというメールについてくる対策の難しいウイルスが流行しています。
よく見ないと偽物メールだと気づかないほど功名に作られていて、よくある場合ですと
あたかも取引先のような内容でメールが送られてくる、それも取引先の名前で。
 
対策としては、たいていの場合はメールアドレスをよく見ると全く知らないアドレスになっています。
なので、少しでも怪しい場合はメールアドレスを確認してみてください。
 
休み明けでメールが大量にたまり対応が煩雑になりがちなので少しでも怪しいと思ったら一度アドレスを確認してみてください。

2022.08.12

Windows 11でAndroidアプリが使える

 先日とあるお客様との雑談のなかでWindows 11の話題になりました。

そもそもWindows 10が最後のOSになって半年に一度のアップデートのみ、
有償でアップグレードすることはないという話だったのに嘘だった、
相変わらずアップデートを促されてアップされたユーザーも多い等々。

そんななかandroidアプリが使えるようになったらしいという話題になりました。

話を振ったお客様からはそれは知らなかったなあという反応だったのであとで調べてみました。
(Googleとマイクロソフトが和解したのかとか笑っておられました)

そうすると現在Win11でandroidアプリが使えるのは現在アメリカのみ。
一応日本(と英、仏、独、伊)でも2022年中には使用できるようになるらしいです。

ただし、使えるようになってもAmazonアプリストアからしかDLできないので
Googleとは相変わらず仲の悪いままでした(笑)

Androidアプリ使用するのにもシステム要件(メモリ8G以上、SSD、CPU一定以上等)ありますし、
タッチパネルでないと使えないアプリもあるので気を付けてください。
そもそも、Windowsでgoogleアプリ使えるってどこにメリットあるのって話もありますが
興味がある人は使えるようになったら試してみてください。

2022.08.08

PCを他人に譲りたい!

基本的にあまりおすすめしませんが、PCを他人に譲りたいから個人(パーソナル)データを整理してほしいというご相談を受けることがあります。
自社内で従業員さんの交代や新人さんへのお下がり、またはあまり業務上重要でない用途で使用するために、と言った理由でしょうか。 
ただし、自社で使用していたものを他社に譲るのであれば、当然そこからの情報漏洩という危険性が付き纏いますし、個人間であっても私生活や趣味の一部を覗き見られているようなものだと思えば、あまり気持ちのいいものでは無いと思います。
実際にデータ消去が甘いと簡単に復旧できますし、そうでなくてもお金に糸目をつけなければ、結構な確率でデータ復旧できてしまいます。これが冒頭におすすめしないと言った理由です。

それでも様々な事情で譲渡せざるをえないこともあるでしょう。本来どうしてもPCを譲るのであれば、データストレージを新品のものに差し替え、OSをクリーンな状態でお渡しするのが良いと思いますが、「そこまでせずとも……」と言う方のために、もっと簡易的な方法をご案内します。

  1. ユーザーデータの再作成
    「PC設定」からアカウント→他のユーザーと進み、ここで新規ユーザーを作成してそのユーザーに管理者権限を持たせ、その後旧ユーザーを削除する方法です。新規ユーザーに管理者権限を持たせる前に旧ユーザーを削除しないように注意しましょう。
    デスクトップやドキュメントといった場所のデータが削除されます。
    プログラムはインストール、認証されたままですが、個人設定はクリアされます。
  2. PC設定から初期化
    同じく「PC設定」から更新とセキュリティ→回復→このPCを初期状態に戻すから初期化します。次回起動時にWindowsの初期状態(工場出荷時)となります。ユーザーデータを削除するか選ぶことができますが、基本的に他人へ譲る際は削除する方が良いでしょう。
    Officeの再認証等も必要になりますが、なにかサブスク等でソフトをインストールしていたりする場合は、こちらのほうがおすすめです。
    他人に譲る場合はもちろん、廃棄するときもこちらを選んで処理しておきましょう。

    実はアプリの再インストールが苦でなければ、ユーザーデータを残した状態で初期化することで、PCの不調を回復できる可能性が大いにあります。間違ってデータを消してしまわないように細心の注意が必要となりますが、いざという時には試してみてください。

これで自分のパーソナルデータはきれいに消えていると思います。ある程度は安心して譲渡できるかと。
以上、簡単なデータ消去方法のご案内でした。

ただし、基本的にPCの設計寿命は5年間と言われていますので、それを超えたら機械的な故障率が跳ね上がることはご承知おきくださいね。

2022.08.01

なんとなくパソコンが調子悪いときに 行うべき作業 5点

どうも。 パソコン整備士3級保持の 5番 です。
受けていないだけでその実力はすでに1級を超えて特級です。
今回は私がだいたい不調なパソコンに対して行う作業、5点を大公開したいと思います
 
1.シフト+再起動
    過去に誰か書いてましたっけ? やっぱりこれが一番早くて効果的。
    やりかた→ キーボードのシフトキーを押しながら WINDOWSの再起動(シャットダウン)する。
     その際、シフトは離さない。死ぬまで離さないぐらいの思いで押し続けてほしい。
    メーカーロゴが出たら、いよいよ離してよいときです。 起動を温かく見守りましょう。

まだまだ連続で!
2.windowsキー → 「%TEMP%」を入力してtempフォルダを開く → 全削除
    いま動いてるファイルは消せないので、消えるのだけでよいです。
    やり方→全選択 →削除

もっともっと!!
3.C:\Windows\Temp 内も全部削除!!!
    これも今動いてるファイルは消せません。 消すフリだけでよいです。
こっからが本領発揮!!

4.もう一度、1のシフト再起動をする
    リセット再起動にはなってても、キャッシュを読み込んだ状態ですからね。
    キャッシュを削除してキレーなwindowsを起動するのです。

5.スリープは解除!!
   不調なOSはスループから復帰できんのです!
   普通のパソコンなら付けてても 1時間20w~40w、つまり10時間で5円~10円。
   不調を招いてまで、節約する意味ないレベル。 
   100年つけてても 35万ほどしか掛かりませんので安心してください!

番外 dismとscandisk
超番外 別アカウント作ってお引越し

OSが不調な場合はだいたいこれで回復&延命できます。
全国のちょっと不調なPCオーナーに届けこの思い。
明日はLピザ頼もっかな

2022.07.29

整備士になったハナシ。

どうも、青森出身の24番です。

いつも(青森ネタと)サポートやトラブルの記事を載せていますが、
今回はそちらをお休みして、とある資格について記載したいと思います!
 
私なんと……パソコン整備士1級に合格しました!!(ワーワー)
 
パソコン整備士とは…?
端的に言うとパソコンの事や、ネットワーク環境の事しっかり理解していますよ。
そのうえでトラブル対応や整備ができますよ。といった資格になります。
 
3級から順番に受けていく必要のある資格なので、2022年1月から順番に挑戦していき、
今月の頭に、やっと1級が取得できました。
2・3級はパソコンについてだったのですが、1級はサーバーや仮想化等の知識も求められたので、
24番的にはなかなか解きごたえのある問題だらけ…!
 
ただ非常に理解が深まったので、この知識を元に、さらに手厚いサポートができるよう頑張りますね。
個人的には、名刺に✨パソコン整備士1級✨とついたのがうれしくてたまりません…!(ワーイ)
 
次はどんな資格を取ろうかなと、ほくほくしているパソコン整備士の…24番でした。
 
IT整備士協会リンク

2022.07.27

「1qaz2wsx」「asdfghjk」この文字列に見おぼえはありますか?

世界には色々な事を調査しているところがあるもので、パスワード管理ツールのNordPassが2021年版の「最も使われているパスワードランキング」を発表しました。
これは過去に流出したとされるパスワードの中で、特に使用率の高いパスワードをランキング化したものです。
その中に日本で使われているパスワードのランキングがありましたので、そのトップ10をご紹介します。
 
1位 password
2位 123456
3位 123456789
4位 12345678
5位 1qaz2wsx
6位 member
7位 asdfghjk
8位 12345
9位 password1
10位 1234567890
 
どうでしょうか。身に覚えがあるものはありませんか?
ここで使われているパスワードは、サイバー犯罪者がパスワードを破ろうとした場合、ほとんどのものが1秒もかからずに突破されるとされており、非常に脆弱なパスワードだと言えます。
もしこの中にあなたの使っているパスワードがあれば、今すぐ変更されることをおすすめします。
 

2022.07.19

メールが受信できない?

お客様よりメールが受信中に止まると入電がありました。

訪問して確認すると確かに受信しません。
(2/17)のような感じで何度やり直しても止まります。
結果として約10年分のメールデータがお客様のPCに入っていたことが判明しました。
しかもデータファイルが50GBになっており正常にデータの認識が出来なくなっていました。
古いデータをお客様の許可を得て1年分削除すると受信するようになりました。
データーは適時に整理しないとある日突然思いもよらないトラブルが発生することがあるので
データはきちんと整理しましょう。

2022.07.13

熱帯夜にご注意を

今年も暑い季節がやってきました。

 
体力的な部分でもつらい時期ですが
この暑さにやられて機器故障も増えるのでそういう意味でもつらいです。
 
ご存じの方も多いと思いますがパソコンは熱に強くありません。
冷房の効いていない熱い部屋で使用を続けると故障する可能性があります。
直射日光もよくありません。日が当たらないところで使用してください。
またパソコンには通風孔があります。これを塞ぐのもだめです。
 
 
そして以外に落とし穴なのがネットワーク機器です。
パソコンは人がいるときに使うので人間が快適な温度に保たれますが
ネットワーク機器は基本的に24時間365日フル稼働です。
夜になっても気温が下がらないような状態になると
人がいなくなってエアコンが切られた環境では機器がやられてしまいます。
 
冷却ファンなど設置して機器の故障を予防しましょう。

2022.07.06

尼崎市USBメモリ一時紛失についてのアレコレ

先日、尼崎市にて市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリが一時紛失され、大問題となったことは皆さんの記憶にも新しいと思います。
情報セキュリティの観点からも、ツッコミどころしか無い事件でしたが、上から下まで情報セキュリティに関するリテラシーの低さが露呈し、関心を集めました。
ざっと問題点を洗い出すと以下の様になります。

  1. 禁止されていた再委託先(実際は再々委託先)へ業務委託をしていた。しかも依頼元である市側は再委託の事実を知らなかった。
  2. 禁止されていた個人情報が含まれるデータを無断でUSBメモリにコピーしていた。
  3. 作業完了後、USBメモリ内のデータを消去していなかった。
  4. 個人情報が含まれるデータが入ったUSBメモリを業務外で持ち歩いていた。
  5. 個人情報が含まれるデータが入ったUSBメモリを所持した状態で飲酒、酩酊し(置き引きの被害者とは言え)、USBメモリを紛失していた。
  6. USBメモリ紛失の謝罪会見の際、記者からの質問に対してパスワードのヒントを言ってしまった。

事後対応も含めて「情報セキュリティの教科書に悪い手本として載るレベル」と言われるほどです。
現時点で、「外部への情報漏洩は確認されていない」とのことですが、今までこのレベルでの管理を行っていたとなると、過去どこかの時点で情報が漏れていてもおかしくありません。(今回はファイルの暗号化をしていたとのことですが、仮にこれがパスワード保護のみとなると、条件によっては5分ほどで解除可能です。)

また、なぜデータのコピーでUSBメモリを使用しなければいけなかったのかということに関しては、ネットワークが引かれておらず、外部からデータ取得をする手段としてネットワークが利用できなかったとの事です。お手軽なUSBメモリに頼る様になったことは必然でしょう。
おそらく外部からの不正アクセス等を警戒しての事だと思いますが、逆に外部ネットワーク上でウィルス感染したUSBメモリが使用された場合、ウィルスデータベースの情報が古いセキュリティソフトで対応しきれない可能性もあります。(インターネット繋がっていないから安心!とセキュリティソフトをインストールしていない可能性も……無くはないです)
情報を扱う人全員のリテラシーが高ければクローズドネットワークは効果が高いのですが、そうでなければ、むしろキュアなネットワークを構築して、ファイルアクセス管理システム等で管理し、USBメモリなどの外部メディアを制限するほうが安全性が高いかもしれません。

その他細々、上記以外にもツッコミどころ満載の本件ですが、この事件でセキュリティに対して少しでも関心が高まると良いなと思います。
因みに個人情報を漏洩してしまった場合、企業規模に関わらずに個人情報保護委員会へ報告しなければなりません
このあたりのお話や、セキュリティに関する仕組みの見直し、また社員教育等をお考えの方は、一度ご相談ください。

2022.07.01

根強い人気、ムービーメーカー

 最近になって、「ムービーメーカーないの?」と聞かれることが多くなりました。

動画再生だけでなく、そこそこの動画編集もできて、捜査がシンプルだったこともあり
人気だったようです。
当時のアプリがあったので、windows11で動かないもんかどうかインストールしてみました。
インストール → 普通にできました。
動画再生   → 普通にできました。
動画編集   → 普通にできました。
なんでなくなったのか不明なぐらい。

Windows7まで普通にあったので、そりゃ11でも動きますよね。
もしかしたらまだ欲しい人がいるかもしれませんのでちょっとアップしておきましょうか。
ソフト動作はあくまで自己責任で。

2022.06.29

電波の飛びが悪いハナシ。

どうも、青森出身の24番です。

先日、小さなリンゴのついた白い靴下が売っていたので、ついつい購入してしまいました。
職場でも、たまーに履いているんですが…先日お客様先でスリッパに履き替える際に、事務の方が靴下に気付いてくださって一言。
「なんでトマトの靴下履いてるの…?」
確かにこの靴下、手元で見るとリンゴ模様なのですが、足元まで離れてしまうとトマトに見える…。
結局、その後も複数人のお客様に気付いて頂けましたが、9割以上の方が「なんでトマト…?」と首をかしげていたので、
今度はもっとリンゴと一目で見てわかりやすく、さらにビジネス的に問題ない…そんな靴下を探そうと思います(?)
もし、いい靴下屋さんを知ってる方がいたら、ぜひ24番に教えてください。
 
 
お客様に「休憩室に無線の電波があんまり飛んでない気がする、特にお昼がひどいんですよね」と言われ、調査をしました。
無線の電波は、①鉄の塊や、鉄板。そして②水場をまたぐと一気に電波強度が落ちてしまいます。
とあるお客様は、エレベーターをまたぐ形で無線の機械を置いてらっしゃって、
エレベーターがその階を通過するときに、お部屋ではガクっと電波が落ちてしまう、なんてこともありました。
さらに、無線の機械からは電波が2種類出ているのですが、そのうちの一種類は電子レンジと干渉し合い、電波が全然飛ばなくなります。
 
 
相談されたお客様の環境は、無線の機械からキッチンをはさんでお隣の休憩室で電波が悪いタイミングが発生するとのこと。
上記の条件で言うと、キッチン(水場&冷蔵庫等の鉄の塊)のお隣の部屋。
さらに、お昼時に職員さんで電子レンジを使うと休憩室への電波の飛びが全然安定しない、といった状況でした。
最終的に、そのお客様では休憩室までLANケーブルを引っ張って中継器を置き、休憩室の電波を安定させる形となりました。
電波は上記の条件だけではなく、混線や建物の作り等いろんな条件で弱くなったり、つながりが悪くなってしまうことがあります。
電波の強度は目には見えないものなので、お困りの方は是非ベンハウスにご相談ください。
 
 
いつか将来、Wi-Fiに色がついて、目で見て強さや飛び方がわかるメガネとかができたらいいのになぁ…なんて思ってしまう24番でした。
(もし出たら、08番さんが嬉々としてブログで紹介してくれそう✨)

2022.06.27

サポート詐欺にご注意を

最近テレビでも取り上げられていたのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、サポート詐欺というものが流行っているようです。

 
 
パソコンでインターネットをしていると、突然警告音が鳴り響き、
 
「パソコンがウイルスに感染しました。このままでは個人情報が抜き取られます。対策するには今すぐこちらへ電話を!」
 
といった派手な警告メッセージとともに電話番号が画面に表示されます。
 
慌てて表示された番号に電話をしてみると、マイクロソフトや大手セキュリティソフト会社のサポートを装って、外国人が片言の日本語で電話対応をするそうです。
 
そして最終的には言葉巧みにパソコンのサポートに入るように誘導されて、サポート料としてクレジットカードやプリペイド式電子マネーで支払いをするように促されるという手口です。
 
 
警視庁も「警告画面が表示されても安易に画面の指示には従わず、ブラウザを強制終了するか、警告画面が消せない場合はPCを再起動させてほしい」などと呼び掛けています。
 
パソコンの操作に自信がない方は、画面に警告メッセージが表示された時点で、ベンハウスまでご相談ください。
 
 
また、もしこの現象に心当たりのある方は、一度警視庁のサポート詐欺のページを見てみてください。
 
●警視庁 サポート詐欺の紹介ページ

2022.06.24

PDFファイルが印刷できない、その原因とは…

ここ最近PDFファイルがエラー出て印刷できないといったご相談がよくあります。
どのお客様も大体同じエラーが出ており、

また、使っているソフトも同じでした。

原因から言いますと、PDFファイルをMicrosoft Edgeで開いているのが原因です。

adobereaderで開いて印刷する分には正常に出ますが、

edgeなどのブラウザからPDFファイルを印刷しようとするとエラーが出るのです。

恐らく仕組みが違う関係でエラーが出るんでしょう…。

一番困る点が100%エラーが出るわけではないということです。

うまく印刷が出る時もありますし、出ない時もあります。

また、拡大してるとか複数部出すとかその辺も関係ないみたいです。

Microsoft Edgeに関してはまだまだトラブルは多そうです…。

2022.06.15

エモテットに感染したら、まずやること

最近エモテットに感染してしまう方が急増しています。

原因はセキュリティで止まらない+知っている人の名前でメールが送られてくるので開いてしまう。
この2つが主な原因だと思います。
 
そして、感染してしまうと自分が踏み台になり各所にメールが送られてしまいます。
プロバイダやメールサービスによっては怪しいので自動で止めてくれる場合もありますがそのまま送り続てしまうケースもあります。
 
そんなエモテットですが、感染したら必ず一番にメールアドレスのパスワードを変更してください。
そうすることで各所にメールを送る事を止めることができます。
私の経験したものですが、ほとんどがメールアカウントの乗っ取りでウイルスが仕込まれているというのはあまり見なかったように感じます。
 
日々対策が難しくなっているウイルス。。。
 
感染した後の対策もしっかり考えておくことでもし感染してしまった時の被害を最小限に抑える。
 
そういった活動を日々私たちもしていかなければと最近ひしひしと感じます。

2022.06.13

Windows10のフォントは見にくい

いまさらながらWindows10のフォントが見にくいという話をよく聞きます。

 
実はWindows7の頃とフォントの種類が明確に変わっていたり、アイコンのフォントに影が付いたりと
Windows 10になってから改悪されていたりするからです。
 
これが結構不評なのでフリーの変更ツール「Meiryo UIも大っきらい!!」とシンプルな名前ものが出てたりしてます。
 
わかりやすいソフトなので見にくいと思っていた方はぜひ利用して変更してみてください。
 
アイコンのフォントに関しては「システムの詳細設定」の「設定」ボタンから
視覚効果の「デスクトップのアイコン名に影を付ける」のチェックを外すとすっきりします。
 
まあ、壁紙によってはアイコンの影がないと逆に見にくいので環境に合わせて変えてください。

2022.06.10

PDFの文字が見にくい

この1週間くらいでPDFのプレビュー画面の表示の文字のフォントが変わってしまい見にくくなりました。

本来はゴシックなのですが、プレビューでは行書体?みたいな筆で書かれたような恰好良い文字になってしまいました。

フォント的には好きですが書類としては読みにくいですね。

その日にお客様からも同じ症状でご質問を受けました。

自分の事だと「読めん事ないし印刷したら元のフォントやしまぁ良いか」と思ってたんですが、そうなると話が変わってきますね。

Googleで探してみたらスタートボタンの「設定」の「アプリと機能」の中の「Adobe Acrobat DC」で「変更」からの「修復」をすると改善するようでした。

5分ほどで終わるので、自分のPCでもまたやってみようと思います。

2022.06.06

すごく基本的な見落とし

最近テレビで鉱石(宝石)を取り扱う番組が増えてきて、少し嬉しい背番号10番です。(石好き)
クイズゲーム形式で、「一番価値の高い宝石は?」とかやってましたが、こちらの世界の人間(と言っても素人に毛が生えた程度ですが)からすると、「え、簡単すぎひん?」と言う感じでした。
一番高いものどころか、石の名前も全部わかる……。
とか思ってたら、横で母が「全然わからない。」と唸っていました。
そう、わかる人にはわかるけれど、分からない人にはとことんわからない。これはどの世界でも一緒です。
これはネットワークやPCについても同じでしょう。もっと上手く説明できるようにならないとな、と思った平日の夜でした。 

さて、今回は基本的なことを見落としていたなぁと言う反省です。
本当にしょーもないことでした。

「ずっとネットワークの調子が悪い」とお客様からご連絡をいただき、月単位で訪問、調査を行っていましたが、直ったと思ったら数日で調子が悪くなり、かと思ったら放っておくと改善するような状態。
なにかネットワーク上の機器が悪さをしているのかと、色々設定変更なども試してみましたが、症状は変わらず。
再現性はありますが、狙って再現させることができる現象ではないので、本当に困っていました。

2022.06.01

マクロファイルの起動が遅い? エクセルが遅い?ワードが遅い? 何が起こってる?

 Office2019が遅いのか、Office365が速いのか

サーバーやNAS、もしくはクラウドからエクセルを開く。
誰もがすることだと思います。
そういえば、ここ最近のアップデートでエクセル遅くなったなぁ、なんて思ったあなた。
ここでご案内するのはそれじゃないんです。
あなたの思っているのは、インターネットオプションの信頼サイトにサーバーを登録すれば直ります。
それとは違って、Office2019だと遅いんです。PSLやH&BやPro。 この子達。

マクロを組んでいると特に遅い。
でもOffice365のPCだと早いんです。

なんで? ですよね。

原因は今もよくわかっていませんが、マクロファイルの起動が遅くて困っている全国のヨイ子に届け!この思い。
Office365のお申込みは是非ベンハウスで。

2022.05.30

プロバイダ変更で、いろいろ繋がらなくなった?ハナシ

青森出身の24番です。

先日、同じサポートの人間が出張に行くというので、
「前日ですけど、準備とか大丈夫ですか?」と、聞いたら
「旅行じゃないし、最悪カッターあればなんとかなるしね。」と言われました。
 
(文房具のカッターだと思っている私)「え、荷物カッターだけですか?」
(カッターシャツのことだと思っている社員)「うん?まぁ、2日だけだし、まぁカッターあれば十分でしょ。」
(文房具のカッターだと思っている私)「え?いやいや、確かに(パソコンの箱とか開ける時に)仕事で使ったりもしますけど…。2日とかそれ以前に、もっと詰めるものありますよね…?」
(カッターシャツのことだと思っている社員)「いやいや、そんなにいろいろ持って行っても荷物になるでしょ。あとは、困っても行った先にあると思うし。」
(まだ文房具のカッターだと思っている私)「というか!カッターなんて普通、飛行機で没収されますよね!?」
(あたりまえにカッターシャツのことだと思っている社員)「えっ!?なんで飛行機でカッター没収するの!?」
 
で、判明しました。
西日本?関西?では、Yシャツのこと、カッターシャツっていうんですね!
「ちょっとそこのカッター取って」と言われたら、
Yシャツと文房具のカッターが目の前にあっても、どちらを求められているのか、わかる気がしない24番です…💦
 
 
 
カッターはさて置いて、サポートのはなしです。
インターネットプロバイダ、いろんな会社がありますよね。
回線速度が速い!だとか、月々の料金が安い!だとか…テレビを見ていても、いろいろCMしています。
利用方法に合わせてプロバイダを乗り換えることも、家庭・会社関わらず、よくあることと思います。
お客様から、プロバイダを別のところにしたら、インターネットが通じなくなっちゃった!といった問い合わせがありました。
※プロバイダ=〇CNや、ぷら〇、E〇光、ニ〇ティ等…
 
そのお客さんは、今まで使っていた〇CNで借りていた機械を、解約にあたり返却して、
新しく契約したs〇ftbankに借りた機械にしたら、なんだかいろいろとつながらなくなったとのこと。
ルーターのメーカーなどによって、よく割り振られる番号があります。
(IPアドレスのセグメントと呼ばれるものなのですが…)
それが、機械の返却によって、今まで〇CNで使っていた番号と違う番号にガラッと切り替わってしまった、といったものでした。
特に複合機などは、今まで使っていた〇CNの機械用に設定をしていたため、印刷ができなくなった!ということです。
設定変更して、無事つながりました。
上記のようなパターンだけではなく、プロバイダが変わるけど機械は今までと同じ!という場合も、設定を書き換える必要があります。
インターネットがつながらなくなった等、業務への影響を最小限にするためにも、
もし事前に切り替えが決まっている場合などは、弊社にぜひご相談ください✨
 
 
 
 
まぁ、とりあえず無事つながって、よ、カッター…

2022.05.27

コンピュータセキュリティの『PPAP』

突然ですが『PPAP』といえば何を思い浮かべますか?

おそらくほとんどの方は2016年に流行したピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」を思い浮かべたのではないでしょうか。
あれからもう6年にもなるんですねぇ…時の流れは早いものです……。
 
閑話休題。
気を取り直して本題に入りますが、実はコンピュータセキュリティの世界にも『PPAP』と呼ばれるものがあるんです。
正式名称はPassword付きZIPファイルを送ります、Passwordを送ります、Angoka(暗号化)Protocol(プロトコル)」
というなんとも珍妙なモノですが、その頭文字を取るとPPAPになります。
 
これが何かを簡単に説明すると、
 
①メールを送る側が、パスワード付きのZIPファイルを作成してメールに添付して送る。
②メールを送る側が①で送ったZIPファイルのパスワードを別のメールで送る。
③メールを送られた側が①で送られたZIPファイルを②のパスワードで解凍して中身を見る。
 
というメールやり取りの一連の行動をこう呼ぶんです。
普段事務作業をしている人なら、誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
 
ですが、最近になってこのPPAPが色々とセキュリティの面で問題になってきています。
 
●問題その1 情報漏洩の恐れがある
例えば、もし悪人がメールを盗み見してやろうとメールのやり取りをネットワーク上で監視しているとします。
通常暗号化されたZIPファイルとパスワードは、たとえ2回に分けて送信されていたとしても同じ通信経路を使って送られます。
だとすると、同じ通信経路内のメールをずっと監視していれば、いつかは暗号化されたファイルと、その中身を見るためのパスワードが手に入るということは簡単に予想できますよね。
これだとわざわざ暗号化をして送信した意味がありません。
 
●問題その2 ウイルスチェックができない恐れがある
パスワードが掛けられたZIPファイルは、セキュリティソフトでのウイルスチェックができない場合があります。
そのため、ZIPファイルを解凍した時点でパソコンがウイルスに感染する危険があります。
 
最近エモテットというウイルスへの感染を狙う攻撃メールが大問題になっていますが、このPPAPがその感染源になっている事例があります。
そのため政府や大手企業もPPAPを禁止するようになってきています。
 
もしまだPPAPを使ってメールのやり取りをしているという方は、クラウドストレージを使うなど、別の方法でファイルのやり取りをすることをおススメします。

2022.05.26

プリンタから印刷が出ない、その原因は…

パソコンから印刷してもプリンタから印刷が出ないんです。

こういった問い合わせが以前ございました。

このお客様は、システムの関係上、windowsXPをご利用していましたので、

ドライバ関係が何かおかしいんだろうと思い訪問しました。

1回目の訪問では、ドライバ側がオフラインになっていたため印刷ができない状態でした。

オンラインに戻した後正常に印刷できましたので、その日の作業は終わりました。

しかし、数日後また連絡があり、また印刷ができなくなったと来ました。

また同じ内容だろうと思い連絡をしましたが、今回は違うという内容でした。

前の作業で直ってないじゃないか、とお叱りを受けました。

以前は確かにそれで直り、そのあと数日印刷が出ていることからこの作業が無駄でないことは確か…。

色々と原因を探してみました。

プリンタの状態を確認したところ、エラーが発生しておりました。

エラーコードをデータベースに入れて調べたところ…

基板系のエラーが出ておりました。

お客様は先日新品を買って変えたところと言っていましたが、これは初期不良品でした。

しかし、ネットで購入した上にリサイクルトナーを使用していたため、

無償修理は厳しそうな状態でした。

たまたまお客様は予備でもう1台購入されていたのでそちらに交換し復旧はしました。

初期不良だったのか、リサイクルトナーを使ったために壊れたのか。

正直何とも言えない状態にはなってしまいましたが安全稼働をするためには純正トナーをご利用ください。

その後特に連絡がないことから正常に動いているものと思われます。

仕事が止まってしまうことを考えると、純正トナーって安心ですね。

2022.05.25

このごろ動悸がドーキドキ♪

先日お客様からパソコンでOutlookメールの送受信ができなくなったと連絡がありました。

現場へ向かい、PCをお借りしてみてみると、メールサーバーのパスワードが間違っているため送受信ができなくなっていました。
画面にはサーバーのユーザー名とパスワードを入力してくださいの文字が出ています。
設定していたはずのユーザー名・パスワードを入力してみますが、はじかれます。
いろいろ調べると、どうやらOutlook側ではなく、プロバイダのメール設定側の問題のようです。
とりあえずプロバイダのサイトから、大元のメール情報を確認します。
ユーザー名・パスワードを入力してみましたが、やはりここでもはじかれてしまいました。
仕方がないのでパスワードを再設定することにしました。
 
再登録画面を進んでいくと、登録されている電話番号に自動音声で6桁の認証番号をお知らせするとの事。
もちろん登録されている電話番号はお客様先の固定電話です。
お客様の了解を得て、送信開始のボタンをクリックすると、すぐ事務所の電話が鳴りだします。
パソコンは2階、電話は1階にありました。私は1階まで小走りで電話に向かいます。
プルルルル・・・ガチャ!受話器を取るとツーツーツー・・・何も流れてきません。
今の電話はプロバイダの音声ガイダンスではなかったのかな?たまたま電話が来て、取る直前に電話が切れたのか?そう思い、また2階へ上がります。
もう一度、音声ガイダンスを流すには画面最初からやり直しでした。再設定登録画面を進め、送信開始ボタンをクリック。
するとまた1階からプルプルプル・・・と鳴り出します。
私はまた小走りで1階へ下ります。
プルルルル・・・ガチャ!受話器を取るとツーツーツー・・・何も流れてきません。
もしかして受話器を取る時に、間違って切るボタン押しちゃってる?
また2階へ上がりやり直し。
再度操作を進め、送信開始ボタンをクリック!1階から電話の音がします。
また階段を下りて、今度は慎重に受話器に触れます。
すると、まだ受話器を持ち上げていないのに電話が切れちゃいました。
どうやら3~4コールで電話が切れるようです。
なんて不親切な!!そう思い、またノコノコ2階へ上がります。
この時点で少し息を切らしていました。
歳は取りたくないものです。
再度チャレンジ。
隣の部屋では、会議が行われているので、ドタバタ音を立てる訳にもいきません。
息を整えて、送信開始ボタンを押します。
静かに、早く移動します。プルルルル・・・ガチャ!ツーツーツー・・・
チキショーが!!心の中で叫びます。
その後も3回ほどチャレンジして失敗。すべてあと一歩というところでしくじります。
もう足はガクガク、汗はダラダラ、息はゼェーゼェー。これが更年期障害というやつです。
老いが止まりません。
そして私は考えました。パソコンのマウスを極限まで伸ばし、操作する腕もピンと張り、体をギリギリまで部屋の外へ近づけます。
おかしなポーズでした。しかしこれでダメならジ・エンド!体力も気力もスッカラカンです。
送信開始ボタンを押しました。
 
急いで部屋を出ます。廊下を走り、階段を滑るように下ります。
飛び散る汗!風を切る体!集中して走る顔はアスリートでした。走る音も最小限に抑え、電話までたどり着きました。
まだ電話は鳴っています。
間に合ったーーーーー!!!
すごいやり切った感で電話に出ます。自動音声で6桁の番号が流れています。
メモメモ・・・・
そこで気づきました。メモ帳とペンをパソコン前に置き忘れていました。
やばいやばいやばい!!疲れと達成感で6桁の数字すら覚えられませんでした。
結局最後にもう一度挑戦して、無事パスワード変更ができました。
メールも送受信テストOKで、すごく体力を使った1日でした。

2022.05.18

夏がくる前にパソコンを掃除しておいたほうがいいというお話

今年もパソコンの天敵、熱の季節がやってきました。
今年は何台のパソコンが熱によりお亡くなりになるのでしょうか。。。
 
そうならないためにも今のうちにパソコンをお掃除しておきましょう!!
本当は中を開けてホコリをとったりするのが一番いいのですが、難しい方はエアダスターなどでファンのほこりだけでも飛ばしておきましょう。
排熱を効率的に行うことで故障率も下がります。
 
 
私も早速掃除しようと思います!

2022.05.17

システムエラーの表示が出る

何かしら作業をしていると変な表示が出るとのご連絡を頂いたので訪問すると写真のような表示が出ていました。

以前は注意が必要です。みたいな表示であまり気にしていなかったそうですが、徐々に回数が増え

ついにシステムエラーです。下記に連絡をして下さい。と表示されるようになったそうです。

誤ってMicrosoft Edgeで有害サイトのアクセス許可をしてしまったのが原因みたいです。

表示を止めるのは

Edgeの右上の「・・・」>「設定」>「Cookie とサイトのアクセス許可」>「サイトのアクセス許可」の所から

有害サイトの「アクセス許可のリセット」をすれば表示されなくなるそうです。

定期的にウザい広告やポップアップがある方はお試しください。

2022.05.16

フィッシングサイトに気をつけましょう

最近の相談の中で増えてきたのがショッピングサイトで商品頼んだのに来ないというものです。

よくよく話を伺うと急ぎで必要な商品があって普段使わないところで発注したら何のあと連絡もないとのこと。
 
利用したショッピングサイトを確認したところ、案の定、非常に雑なつくりの偽サイトでした。
よくよく見ればジャンル分けは最初のほうの項目のみ出来ていて、下のほうの項目はめちゃくちゃだったり、
クレジット使用できませんと書いてあるのに支払方法でクレジットが選べたりとわかりやすいサイトでした。
 
なんでこんなサイトがあるのと聞かれましたが、情報を盗み出すために作られた質の悪いものです。
このお客様は代引きを選択されたので住所を抜かれる程度でしたが(これも個人だと嫌だと思います。)、
振り込みの場合はそのまま振込分の金額を盗られてしまいますし、
クレジットの情報等入力した場合はカード会社に連絡して即時にカードの再発行処理をしないと
不正送金などの被害にあう可能性があります。
 
ではこのようなフィッシングサイトに引っ掛からないためにはどうすればよいか?
簡単なのは信頼できないところでは購入しない。
当たり前のことですがやはり取引実績があるところであれば安心感があります。
気を付けてほしいのはAmazon、Yahoo、楽天等の場合は出品元が大事です。
詐欺トラブルにあうケースもあるので出品元を必ず確認するようにしてください。
 
どうしても欲しいものが普段買うところになかった場合は
そのサイトのつくりを確認してみてください。上記のようにつくりが雑な場合は詐欺サイトの可能性が高いです。
 
では丁寧に作っていると安心かというとそうでもないので
その場合は無料のURLチェックサービスを利用してください。
SecURL(セキュアール)、aguse(アグス)といったチェックサービスが有名です。
URLをコピーして貼り付けるだけで安全性を評価してくれます。
初めて利用するショッピングサイトで利用してみてはいかがでしょう。

2022.05.10

Internet Explorer

この頃よくあるお問い合わせです。
「入札ができない!」
「受発注システム(EDI)が動かない!」
決まって、
「この前までできていたのに。」

もちろん原因があります。
入札やEDIと言われるwebベースのシステムは、Internet explorer(以下IE)に最適化されて作られたものが多いです。
IEとは、マイクロソフトがWindowsに標準で搭載していたインターネット閲覧用ソフトウェア(ブラウザ)の事を言います。
Windowsに標準で搭載されているため、自然と使う人口が増え、その数は圧倒的多数となりました。
その頃に開発されたシステムは、当然世界で一番使われているシステムで最適に動くように設計されています。
そして、このIE。実はいろいろな問題を抱えていて、マイクロソフトは数年前から止めたがっていました。
IEを起動したと思ったら代わりに後継ブラウザであるEdgeが立ち上がるような仕様に変更したりと、この流れは最近特に加速しています。

さて、こうなると困ってしまうのが前述のIE用に最適化されたシステムです。
IE以外のブラウザで表示すると、正常に表示されなかったり、意図した動作をしなかったりしてとても困ります。
本来はシステム側で対応すべきですが、なかなかそうも行かないのが現状です。
こちらはIEでページを見たいのに、IEを起動させてもらえない。Edgeでは正常に表示されない。
……お手上げですね。
ですが、(とりあえずの)対処方法は存在します。

2022.04.27

おなかいっぱいメールファイルのハナシ。

 どうも、青森生まれの24番です。

この前、営業が「行きしに納品しておくから、大丈夫だよ!」と話していたので、
「行きしの、"し"って何ですか?」と聞いたら、近くで仕事をしていた社員たちが一斉にフリーズしました。
「行きしのほかにも、帰りしっていうよね」「行きしな、とかね」
「"し"が何かだなんて、当たり前すぎて考えたこともなかった…」とザワザワ…
 
……で、結局"し"は何を指すんですか!?
 
方言での表現って、標準語に訳そうとすると意味が微妙に違ったりするので、
適した日本語はないけど、方言独特の言葉って存在するんだよなぁ…と。
行きの"道"、帰りの"道"みたいな感じかな…?と、ふんわり解釈した24番なのでした。
"し"が何を指しているか、もっと適した表現をご存じの方がいらっしゃったら、ぜひ24番に教えてください。
 
 
さてさて、サポートのお話です。
とあるお客様で、メール起動が重くて重くて…とお伺いしたため、
サポートでお伺いしました。私が駆けつけた時にはOutlookを起動させると
ソフトが応答なしになって、落ちてしまうほどにvery heavyな状態に。
いろいろ設定を見回すと、Outlookのデータを管理しているファイルがぱんっぱんになっていました。
数年前のメールもすべて取っておく設定になっていたので、1年より前の期間はメールを整理する設定に変更。
すぐは処理がしきれなかったのですが、半日ほど放置し、だいぶすっきりしました。
 
設定などにもよりますが、メールデータはPC本体にたまっている設定になっていることも結構多いです。
それだけでハードディスクがあふれるほどにたまることは、あまりないとはいえ、
今回の事例のように起動が重くて仕方なくなる可能性もあります。
 
必要のないメールは、基本削除や整理をしつつ、
メールソフトの起動に5分かかる等…心当たりのある場合は設定の見直しが必要かもしれません。
 
すっきりした状態で、気持ちの良い連休を迎えましょう✨

2022.04.26

さっきまで見ていたウェブサイトのウィンドウを誤って閉じてしまった!もう一度表示するにはどうすればいい?

パソコンでウェブサイトを見ていて、マウス操作を誤ってウィンドウを消してしまったことはありませんか?

かくいう私も、こういう経験をしたことが今までに数え切れないほどあります。
 
ところでこういう時、皆さんはどうやって消してしまったサイトを探していますか?
もう一度キーワードを入力して検索したり、記憶を頼りにリンクをたどって同じ記事を探したり。
それでもどうしてもさっきまで見ていたサイトにたどり着けない!
そういうことってありますよね?

実はそういう時、簡単に消してしまったサイトを再表示する方法があります。
消してしまったのがタブなのかウィンドウなのかで再表示する方法が違いますので、それぞれの方法をご紹介しましょう。
 
 
◎ウィンドウのタブを1つだけ消してしまった場合
 
【Google Chrome】
 
 
 
【Microsoft Edge】
 
 
 
 
 
 
◎ウィンドウ自体を消してしまった場合
 
【Google Chrome】
 
 
  
【Microsoft Edge】
 
 
 
もし誤ってウィンドウを消してしまってお困りの場合は、この方法を試してみてくださいね。

2022.04.25

デスクトップアイコンの間隔が広くなる?

先日お客様より

「Windowsアップデートをかけると毎回デスクトップアイコンの間隔が広くなる」

と連絡があり対応させていただきました。

このお客様はWindows11をご利用の環境でしたので

恐らくバグが発生しているものと思われます。

再起動などで復旧する場合もありますが

直らない場合、レジストリというWindowsの内部的なところを触らないといけません。

下手に触ってしまうと最悪起動しなくなりますので、触る場合は専門家を呼ぶことをお勧めします。

そちらの数値を正常なものに直したところ

アイコンの間隔は戻りました。

毎回なると思うとWindowsアップデートをしたくなくなると思いますが

セキュリティなどの面からアップデートしないと危険な状態になります。

なので、定期的なアップデート作業は行うようにしてください。

それでもおかしい場合は弊社までご連絡お願い致します。

2022.04.18

フリーの罠

Google yahoo msn等最近はフリーでメールアドレスを取得することができ便利になりましたが、
その分フリーにはいろいろと制約や不便なことがあります。
 
特に多いのが規約変更によって設定が変わってしまって送受信ができない事や
複合機を使用したメール送信機能が使えなくなる等が起こり、
しかも無料での使用のため不具合の保証は一切しないスタンスであることがほとんどです。
クラウドサービスなども基本無料の物はサポート外だったり、保証は無い事がほとんどです。
 
業務で使用する場合、できれば無料サービスの使用は控えたほうが、トラブルが少なく運用できます。
 
弊社ではメール、クラウド等のサービスも行っておりますのでお困りの際はぜひご相談ください。

2022.04.15

変わらないと思ってた物が変わってて沼に落ちたお話。

つい先日ネットワークの設定をしている際に機器をMACアドレスで判別して設定していたのですが。

設定の翌日に「設定されていない端末がネットワーク内にいる」と相談が。。。
 
確認してみると確かに見たことないMACアドレスが...
 
よくよく確認するところ約1時間
 
iphoneのMACアドレスが変わってる!?
 
MACアドレスって変わるのかって思ってちょっと調べたところ
iOS14やAndroid10では、ランダムなアドレスを利用するのが初期設定になっているらしい。
 
なるほどセキュリティ的な部分で、、、知ってたら1分で解決できたな...
 
 
ということで最終的にはその設定をオフにして解決しました。
 
日々勉強は大事ですね。。と思った4月でした。

2022.04.13

Microsoft 社 Internet Explorer のサポート終了について

最近のサポートでWebEDI、Webシステム等でいままでできたことができなくなった

という問い合わせがよくあります。
 
原因はWindows10のアップデートでInternet Explorer(以下IE)で動作していたものが
代わりにMicrosoft Edge(以下Edge)が起動するようになったということが多いです。
 
ではなぜわざわざIEがEdgeで起動するようになってしまったのか?
それは2022年6月16日をもってIEのサポートが終了するからです。
 
このサポートの終了に伴い、Windows Update等で自動的に削除される予定です。
削除前にEdgeへの移行を促進してトラブルを少なくしようとしていると思われます。
(こんなやり方でトラブル少なくなるわけがない)
 
それに合わせていま使っているWebEDI、ネットバンク、Webシステム等も
IEからEdgeやGoogle Chromeが対応できるようにこっそり対応していたり、
しようとしていたりします。
(なかなか進んでいなくて困ってるところも多いので確認必須です)
 
どちらにせよ、IEを使い続けるのは不可能なので早めにEdgeかChromeに
移行を検討してください。セキュリティ的にもIEはお勧めしません。

2022.04.11

Windows11に上がった場合のスキャン設定

PCへ直接スキャンの設定を行っているお客様の場合、スキャンフォルダを複合機から通信できるように

PC側で共有の設定をすることで、スキャンが出来るように設定をしています。

 

ただWindows11 にアップグレードしてしまった場合、この共有の設定がすべてクリアされてしまうためスキャンをすることが出来なくなってしまいます。

この他にも一般的なアップデートでもスキャン出来なくなってしまう事例が多くなっていますので、PCへ直接スキャンをするのではなくNASと呼ばれるネットワークハードディスクをオススメしています。

 

スキャン以外としても便利に使用できますので、良ければお使用下さい!

2022.04.06

WIFIを替えたらPCが繋がらなくなった!

最近は無線の技術が飛躍的に発展しており、とても便利で高速になりました。
もはや下手な有線接続よりも速度が出る製品もあります。まだまだ安定性を求めるシステムで導入するには不安が残りますが、一般家庭においては、配線の手間やコストを考えると、無線のみでネットワーク構築というのも良い考えかもしれません。
さて、今回はその無線LANについて久しぶりにハマったお話です。蓋を開けると単純なことなのですが……。 

お話としては、無線LANアクセスポイント(AP)が壊れたので新しい機械へ交換した。これだけです。
新しい機械をAPモードで設定して、機器交換。その後PCやスマホをそのAPに接続し直すという、普段なら30分もあれば十分事足りる内容なのですが、この日は違いました。
APモードの設定、スマホやプリンタをWIFIで再認証して接続確認。ここまでは順調でした。
問題は最後に残った(少し古めの)ノートPC。無線の電波は拾って接続されているはずなのに、「ネットワーク接続なし、制限された接続」と表示され、実際にネットワークにつながっていません。
因みに有線で接続すればあっさりインターネットにも繋がりました。

  1. 古い端末は無線の新しい暗号化方式に対応できていない可能性があるため、こちらを確認。ですが、これは違いました。(対応していなければ、そもそも接続されない)
  2. PC本体の無線アダプターの不具合を疑い、アップデート。これも違いました(日付は古いですが、ドライバ自体は最新でした)
  3. 違うだろうなと思いつつ、Windowsアップデート(めちゃくちゃ時間がかかりましたが、これも結果的に違いました)

さて、途方に暮れながらAPの管理画面を眺めていると、一つ気になる表示が。
ビームフォーミング
これは無線接続された端末をAPが自動認識し、その方向へ電波をたくさん飛ばすことで接続速度を上げるという技術です。
まさかと思いつつオフにすると、繋がった……!

実は、この「ビームフォーミング」や「高速ローミング」と言われるものは、オンにしておくと古い端末が接続できなくなることがあります。
具体的にどれぐらい古い端末が繋がらなくなるかは、試してみないとわからないのが辛いところです。
10年前の端末あたりは相当怪しいと思います。
皆さんも、WIFI機器を買い替えたけれども、一部の端末だけが繋がらないと言った症状に遭遇したときは、このあたりを見直してみてください。

2022.04.01

VPNに接続できなくなった件

VPNにアクセスできなくなった件。
ネットワークのリセットを行った所、VPNに接続できなくなったとのご依頼。

VPNに接続できません。リモートコンピュータへの接続を確立できませんでした。
この接続用にネットワーク設定の変更が必要である可能性があります。の表示。
はてさて? あまり聞かない症状。
インターネットにはつながっているので無線がどうとかではなさそう。
ならば、まず単純にVPNの再設定。
状況変わらず。

再度、ネットワークのリセットと、デバイスマネージャからネットワークアダプタを全削除。
改善せず。

Google先生に聞いてみる。
ネットワークアダプタのWAN Miniportを削除せよ。  やったよ、やりましたよ。
他にはっと・・・・なし・・・か。

とのかく可能性がありそうな事をテスト。
1.レジストリのAssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule足す
2.別アカウントでテスト
3.ネットワークドライバの最新版充てる
4.Windowsアップデート
5.別無線アダプタでテスト
6.誤字脱字の見直し
ぜ~んぶダメ。

最終的には、直りましたよ。はい。
VPN設定削除後、デバイスドライバをほとんど消して、更に別VPN先へ設定入れて、接続を確認。
そこから元のお客様VPN接続を再設定するとつながりました。 
ネットワークのリセット・・・・以外と大事になるのかな

2022.03.30

出会いの季節はトラブルの季節…?のハナシ

先日お客様先で引き上げたパソコンが古く、日焼けして黄色く変色していたので、

「このパソコン大分使い倒しましたね。すごく煮染(にし)まった色してます!」
と話したところお客さんポカーン。
 
反応から、すぐ方言とは気が付いたのですが、
「煮染まったってどういう色を指すの?」と改めて聞かれると説明が難しい。
「なんか…おでんを…煮詰めたつゆのような…?鍋が…煮沈まる感じの…?」(煮沈まるも方言でした)
 
結局グーグル先生で調べました。
調べてみたところ、"煮物の水分が蒸発した状態"を、煮染まるというみたいで。
めんつゆとか、おでんつゆが茹ですぎて濃い色になっているような、そんなイメージです。
 
説明するときのボキャブラリーが、8割方言で形成されているので、困ることがしばしばあります。
標準語の語彙力も増やしたい今日この頃です。
 
 
 
おでんのおいしい季節から、もうすっかり春ですね。
ベンハウスも4月から新入社員さんが入社するので、とっても楽しみです^^
 
そういえば、先日あるパソコンだけネットが急につながらなくなった…というお客様の元へ訪問しました。
心当たりはいくつかあったのですが、結果はDHCP環境でのIPアドレスの枯渇。
 
社内やご家庭のネットワークに繋ぐとき、接続できる人をルーターという機械が管理しています。
そのお客様の環境では「このネットワークにつなげられるのは、80台まで」という台数の制限がありました。
導入当初は問題がなかったのですが、ここ数年で新しい社員さんが増えて、
パソコンやタブレットなど、接続する端末が一気に増えたとのこと。
それにより、ルーターが初期の設定で想定した人数を超えてしまい、
あふれた人は接続できないよ!になっていたというのが事の顛末です。
 
使う人が増えたり、端末を追加したときはネットワーク側でも想定していたキャパを超えて不具合が出ることがあります。
今までは順調に使えていたはずなのに…と思っていても、上記のような理由で急に使えなくなるなんてこともありますので、
困ったときはいつでもベンハウスにご相談ください!
あ、新入社員用のパソコンや設定もお任せください!!
 
 
 
…さて、私もそろそろ新入社員くんのパソコン準備しないと。

2022.03.28

勝手に回転する画像

先日お客様からこんな質問を受けました。

 
「ホームページの写真を入れ替えるために、iPhoneで撮った写真をサーバーにアップしたら、写真が勝手に横向きになったんですが、これは何故ですか?」
 
前回、「その写真、ネットにアップして大丈夫?」のブログ記事でEXIF情報というものについて説明しました。(まだ読んでいないという方はこちらからどうぞ)
実はまさにそのEXIF情報がこの現象の犯人なのです。
 
普通縦長の写真をスマホで撮影しようとするとき、当然のようにスマホの画面は縦に構えて撮影しますよね?
ですがiPhoneで撮影した場合、スマホを横に構えた状態で撮影することが写真としては正常な向きであると設定されているらしく、
縦長の写真をとると90度回転させた写真だという風にEXIF情報が記録されているのです。
 
パソコンで写真を見ているときは、正しい向きで見えているじゃないか!と思われる方もいらっしゃるでしょうが、
写真を確認するために使用しているビューアーというツールがどちらに回転させて撮られた写真かというものを自動的に判別し、
気を利かせて勝手に正しい向きに修正してくれているので正常な向きに見えているだけなのです。
 
しかしながら、一般的なサーバーへ写真をアップするツールには、勝手に写真を回転してくれるような気の利いた機能はありませんので、
写真に記録されている正常な向きのままで写真はアップされ、結果として横に90度回転した写真が表示される、というわけです。
 
この状態を回避するには、携帯やPCの画像処理アプリで正しい向きに回転させた状態にしてファイルを保存し直すしかありません。
この時にEXIFを消去するように設定して保存し直せば、写真をどこでどのように撮影したかという情報も一緒に消えるので
仮に写真をダウンロードされたとしても個人情報が漏れることはなくなります。
 
同じような現象にお悩みの方は、一度ファイルを保存し直してからアップし直してみてください。

2022.03.23

エモテット再燃

みなさん、エモテットってご存じですか?

基本的な攻撃手法は、不正なメールに添付されたファイル(主にWordやExcelファイル)に仕込まれています。
添付ファイルには、マクロの実行を促す文面が記載されており、受信者がそれに気づかず「コンテンツの有効化」をクリックすることでマクロが起動しエモテットに感染します。
エモテットに侵入を許すと、ほかのマルウェアが次々とダウンロードされて被害が拡大します。
ダウンロードされたマルウェアの中には、ファイルとしては保存されずデバイスのメモリ上だけで動作するものなど、利用者やセキュリティ担当者にも解析されにくい工夫がされているものもあります。
また、盗んだ認証情報が悪用され、メールのやり取り履歴がある宛先へ、正規のメールを装ってエモテットのばらまき攻撃が行われることもあります。
つまり被害者から加害者に成りえるという事です。顧客へばらまき攻撃されることがあれば、注意喚起だけでなく補償の対応などが必要になる可能性があります。
 
こんにちは。19です。最近ようやく仕事に落ち着きを取り戻しました。
一時は災難すぎてどうなる事かと思いましたが、何とか今日も生きています。
 
ところでそんな恐ろしいウイルスのエモテットに、感染したとお客様から連絡がありました。
詳しく話を聞くと、取引先からメールが届き、添付ファイルを開くと分けわからん文字が出てきたとの事です。
そしてよくよくメールを見ると、宛名の最後に(トロイの木馬)と表記されていたそうです。
 
幸いにもそのお客様は、UTMというウイルスをブロックするセキュリティを導入されています。
なので、添付ファイルの悪い部分はUTMが無害化していました。
結果的にそのお客様のウイルス感染は免れましたが、
最近エモテットに感染したというユーザーさんをよく耳にします。
PCの中身って機密情報や、会社の存続に大きく関わるデータがあったりするので、ウイルス対策はしっかりしておくべきだと感じました。
アンチウイルスソフトでは対処できないウイルスもあるので、UTMは必須になりつつある機器だと思います。
そんなセキュリティ機器をお求めの際は、是非ともベンハウスにご連絡下さい。

2022.03.16

セキュリティ対策にバックアップは必須事項??

日々色々なウイルスやマルウェアと呼ばれる詐欺広告など、あの手この手で私たちを罠にはめようとするコンピューターウイルスですが

最近エモテット+ランサムウェアという組み合わせの感染経路があるようで、これが中々厄介です。
セキュリティ対策を超えてくる場合があるようで、実際お客様で感染してしまった方もいらっしゃいました。
 
対策としてバックアップをとっておくことによって、たとえPCを初期化することになってもデータは復元できるので
被害は最小限に留めることができます。
 
例えばUSBなどでもいいので大事なデータは定期的にバックアップをとりましょう。
弊社ではアクロニスというスケジュールをたてて自動でバックアッピをしてくれるソフトをおすすめしております。
 
何かあった時では遅いです、毎日のちょっとした手間がいざという時役に立ちます。

2022.03.14

Macのアップデートは要注意

先週の金曜日はトラブル対応で嵌って久々に遅くなりました。

どんなトラブル対応かというとめずらしくMacのトラブル対応でした。
 
リンゴのマークで有名なMacは
デザインがかっこいい、ソフトウェアが安定していてなおかつ動作が速い、デザイン系のソフトに強い
というようなイメージがあります。※よく聞く一般的なイメージです。
 
たしかにWindowsと比較して問題が起こりにくいイメージではあるのですが
個人的にはその分起こるトラブルは致命的なものになるイメージがあります。
 
今回もまさにクリティカルなやつでした。
お客様よりお伺いした内容はOSのアップデートに失敗して
再起動を繰り返すといったものです。
これを聞いた段階で解決が難しいと直感しました。
 
実際に現地いって状態を確認すると
アップデートの途中でエラーになり終了するしかなくなるのですが
そのあと通常のOS起動とならずまたアップデートを実行し
同じ状態になってしまうというものでした。
 
結局原因はアップデートを実行するのに容量不足でエラーとなっていることがわかりました。
 
これぐらいなら簡単に解決できるだろうといろいろ解決方法を模索しましたが
結論としては初期化してバックアップの復元しかないという結論に達しました。
たかがアップデートのための容量が不足しているというだけでなのにもかかわらず。
 
このお客様はバックアップをしっかり設定していたので幸いでしたが
もしバックアップが無ければと思うとぞっとします。
皆さんもあって助かるバックアップはしっかりとりましょう。
またMacのアップデートの前には必ず容量を確認するようにしてください。

2022.03.11

メールが使えない!

お客様から「Outlook開いたらエラー出る!」とご連絡があったのでちょっと見に行ってきました。

 

すると、エラー:80090030 というのが出てました。

見たことないっすねぇとか何とか言いながらネットで調べていると賢い人が直し方を書いてくれてました。

 

Windows + Rからregeditと検索したとこから

HKEY_CURRENT_USER / Software \ Microsoft / Office / 16.0 / Common / Identityってとこの数字を1から0にするらしい

 

ホンマかよと思いつつ値を変更して再起動

 

すると!マークついてたOutlookが見事に立ち上がりました。

こんな事しょっちゅうあると困りますよね!

頼むでマイクロソフト!

2022.03.09

便利なWiFiのトラブル

今や事務所でもご自宅でも必ずと言っていいほど皆様WiFiを便利に使われていると思います。

昔は有線ネットワークにしか繋げなかった複合機も今や標準で無線WiFi機能が付いている機種がほとんどとなりました。

そんな便利なWiFiですがたまにトラブルの原因にもなってしまうようです。

とあるお客様でWiFiに繋いでいる複合機からプリントできないとのご連絡がありました。

再起動すると一時的には繋がりますがすぐに切れてしまうとの事で、複合機の無線装置を交換しても改善せず・・・。

困り果てていたところようやく原因が判明しました。

実はほかのWiFiを使っている機器との電波干渉が原因となっておりました。

使用チャンネルの変更で無事使えるようになり一件落着しました。

目に見えない電波のトラブル、なかなか判断が難しいですね。

2022.03.08

やっててよかったリモートワーク

皆さん、新型コロナ対策はバッチリでしょうか。
「うちは完璧!絶対に罹患しない!!」
と声高に言える方はとても少ないと思います。
かくいう私も、家族が感染してしまって濃厚接触者で10日間の自宅待機を余儀なくされました。

そして、いままで弊社の営業やサポート担当が散々ご案内してきたリモートワーク。非常に役立ちました。
家から出られませんので、当然出社もできませんし、お客様先にお伺いするなど言語道断です。
ですが、自宅からリモートワークである程度の仕事はできてしまう。時代の進化を感じますね。

2022.03.01

RTX1200のログインパスワードを忘れた場合

他社様に任せっきりで、ログインID・PWがわからないとの事で、お呼ばれしました。

1200はシリアルからTeratermで内部情報を確認できるのでRS2332Cで接続して実行。
パスワードを「w,lXlma」と入力してログイン。

早速パスワードを初期化しようとしましたが、
お客様から、パスワードはそのままにしておいてほしい。との事でしたので
今回はconfigと多少の用事を済ませて終了。

シリアルから入るとGUI操作はできないので
基本コマンドをまたメモがてらココに記載する機会があればと思いました。

2022.02.28

クラウドストレージで肝をキンキンに冷やした話

パソコンサポート担当の24です。

クラウドストレージってとっても便利ですよね。
ログインさえすればいろんなところからデータを参照できるし、
テレワークも相まって需要が伸びている分野のような気がします。
 
そんなクラウドストレージ。
最近一部のブランドでバックアップ目的でのフォルダ同期機能があるのをご存じですか?
パソコンのデスクトップ・ドキュメント・ピクチャをクラウドに同期させて、
クラウドに同期したデータがあるから、万が一パソコンが壊れてもデータは大丈夫だよ!といった機能です。
もちろん便利な機能です。が、少し困った一面もあります。
 
先日あった例はマイクロソフト社のonedrive。
お客様の意図に反してバックアップ機能が動いてしまいクラウドと同期し始めたので、
同期を解除したいといった問い合わせ。
デスクトップ・ドキュメント・ピクチャを同期しているので、”このパソコンの同期を解除”を選んでこれで良し…
 
すると、デスクトップがすっからかんになりました。
”お客さんのパソコンの”デスクトップがすっからかんになりました。
 
理由は以下の通りです。
 
なんと、データの大元はクラウドにあり、パソコンのデスクトップにあったのは、入り口だけのような状態に。
(※詳しく言うと少し違うため、あくまでもざっくりとしたイメージとしてご覧ください)
そのため、同期を解除したら”クラウドにあるデータへの入り口”は不要になるので、勝手に消えた。というような状態に。
 
結局それを元の状態にするのはすごく大変で、作業中何度も肝を数回冷やしました。
(心の中で半べそかきつつ、何とか元に戻せました)
 
と、いうわけでクラウドのバックアップ機能、便利なんですがこんな一面もあります。
もちろんクラウドストレージはとっても便利で、ベンハウスでも使用しています。
ですが、上記のように便利が故に、トラブルになることもあります。
便利に安心に使いたいけどどうしたら…というときのご相談は是非ベンハウスへ。

2022.02.25

その写真、ネットにアップして大丈夫?

1996年にスマホが世に出てからはや四半世紀。

歩きスマホなんて言葉が社会問題になるほどに近年スマホが爆発的に普及しているのは皆さんご承知の通りですが、
2021年の内閣府の消費動向調査の結果を見ると、2人以上世帯でのスマートフォンの普及率は約89%となっており、
家族と一緒に暮らしている人の場合、なんと9割近い人がスマホを持っているという驚きの結果になっています。
 
また、最近のスマホに搭載されているカメラの機能も年々高性能になっています。
機種によっては1つのスマホに複数のレンズを搭載しているものもあり、一昔前なら一眼レフのカメラを持って写真を撮りに行っていた人たちも、
「これだけキレイに撮れるんなら、普段出かけるときはいつも持ち歩いてるものだし、もうスマホで撮ったらいいんじゃないの?」
と感じている人も結構多いのではないかと思います。
 
それに2017年にはユーキャンの新語・流行語大賞に「インスタ映え」なんて言葉が選ばれましたが、
やっぱり上手く撮れた写真はブログやSNSにアップして、他の人から「いいね!」って言ってもらいたいですよね!
 
でもちょっと待ってください。その写真、そのままネットにアップしちゃってほんとに大丈夫ですか?
 
実は携帯電話やデジタルカメラで撮った写真には画像データ以外にも「EXIF」と呼ばれる様々な情報が保存されています。
EXIF情報は、どういう設定で撮影されたかということが後からわかるように、自動的に記録されるものなのですが、
その情報の中にはその写真をどんな機種で撮ったかだけではなく、「いつ」「どこで」撮ったかということまでもが含まれています。
つまり、撮影した写真をネット上にアップすることで、知らず知らずのうちに自分のプライバシー情報を自分からインターネット上に公開しているかもしれないんです。
 
もしこのことを知らずに、自宅で自分の誕生日パーティを撮影した写真と記事を一緒にブログにアップしたとしましょう。
この場合、写真に含まれるEXIF情報と誕生日の記事の内容を照らし合わせることで、「自分の家の場所」と「自分の誕生日」という情報が一緒に公開されてしまうことになります。
個人情報の取り扱いについて色々と気を使わなければならなくなった現代で、これは由々しき事態です。
 
 
そこで個人的に気になったので最近よく使われているSNSツールが、EXIF情報をどういう風に取り扱っているかを調べてみました。
その結果、2022年2月の時点で「Instagram」「Twitter」「Facebook」「LINE」といったSNSツールでは、
EXIF情報は画像をアップするときに自動的に削除される機能がついているということがわかりました。
ただしブログやホームページにアップするときは、EXIF情報がそのまま残った状態でアップされることがありますので、この場合は注意が必要です。
 
 
こうやって聞くと厄介そうなEXIFですが、実は意外と簡単に削除することができます。
Windowsの場合、写真ファイルを選んで右クリックでメニューを呼び出し、プロパティを開いて「プロパティや個人情報を削除」をクリックするだけです。
 
 
 
 
この他にもインターネット上にはEXIF情報を削除してくれるサービスを無料で行っているサイトもいっぱいありますし、
写真を加工して保存し直す時にEXIF情報を削除する設定がある画像編集ソフトもありますので、気になる方は一度検索してみてください。
 
ここまで色々とEXIF情報の危険性を書いてきましたが、EXIF情報自体は自分で写真を管理している人にとっては非常に役に立つ情報で、後から写真の分類をするために必要なものです。
本当に気を付けなければいけないことは、「自分で撮った写真をネット上にアップするときは、EXIF情報を削除してからにしよう」ということです。
 
 
正しい知識を身につけて、安全で安心な写真ライフを楽しみましょう。

2022.02.24

Windows11へアップグレードの罠

最近のパソコンだとwindows11のアップグレードがよく表示されますね。

アップグレードしてしまうと、ソフトによっては動かなくなったり

ちゃんとした表示がされなくなってしまいます。

例えばWindows10まで標準で入っていたInternetExplorerは11からはありません。

なので、InternetExplorerでしか見れないサイトを利用されている方は要注意です。

また、Windowsアップデートの際に11へのアップグレードを促す案内が出ますが、

ワンクリックで11にアップグレードできるのでパッと見は便利なのですが戻す際に大変なことになります。

一定期間内であればwindows10へ戻す機能があるのですが、

一度アップグレードしてしまうと、Windowsアップデートの画面でずっとwindows11のダウンロードを行っています。

何が言いたいかと言いますと、1度上げて戻すと何が何でも11に上げようとしているのです。

回避策もネット上では色々と出ていますが、あまり有効的な方法はありません。

よく出回っている情報としては、Windowsアップデートを停止する方法や、

レジストリを書き換えてWindowsアップデートを止めるといった情報はよく見ますが、

これを止めてしまうと、定期的にアップデートする分も止まってしまうのでおすすめできません。

私が行って唯一効果があった分に関しては、Windowsのバージョンを上げるでした。

たまたま対応したお客様のWindowsのバージョンが21H1でしたので21H2へアップデートを行いました。

その結果、Windows11のダウンロードは止まりました。

今のところ回避策はこれくらいしかなさそうです。

Windowsアップデート後に11にしませんか?という表示が出ますが、どこかしらにしないというボタンはあります。

しっかりと表示をみてアップグレードしないようにしましょう。

2022.02.15

外付SSDが便利で快適

ベンハウスはパソコンのセットアップ、初期設定だけでなく、

パソコンのデータ移行も有償で承っています。

その時に悩ましいのが大量データの移行です。
お客様によっては写真のデータが大量にあって移行に非常に時間がかかります。

たいていの場合はLANケーブルで直接接続すると快適に
データ移行が進むですが中にはそれでも速度がでないケースがあります。

その場合は待つしかなかったのですが最近手に入れたアイテムを併用すると
非常に短時間で移行できることがわかりました。

そのアイテムはバッファロー外付けのSSDです。
接続はバスパワーでスペースもポータルHDDよりも小さいです。
USBよりはデータ消えにくく、少し高いですが転送速度が速く非常にお勧めです。

2022.02.14

スキャンできない

今日営業さんから、「見に行ったけど スキャンエラーが直らへん」とヘルプの連絡をもらいました。

SMB1.0かな?と思いながらお伺いしてみると

「ゲストまたはパブリック」ネットワークになっていました!

 

アップデートによる「パスワード保護共有」の設定が有効に変わってしまうのは確認してますが、

こっちは確認し忘れることもあるので、自分も気を付けないといけないなぁと感じた日でした。

 

設定の変更は

「設定」>「ネットワークとインターネット」>[イーサネット]または[Wi-Fi]で接続先をクリックすることで、現在の種類の確認と設定の変更できます。

 

2022.02.09

そのクラウド安全ですか?

今や一般的になってきたクラウドストレージ、ご利用の方も多いことと思います。

個人のスマートフォンで写真をアップロードしたり、会社のテレワーク用に資料をアップロードしたりと用途は様々ですがトラブルも起こることがあります。

今回トラブルになったのは、使われている方も多いOneDriveです。数名でOneDriveにて共有していた会社資料が、1台のPCの入れ替え後にファイルが消失してしまうといった内容でした。

原因は恐らく、入れ替えたPCのデータ移行後にOneDriveと同期がかかった際にデータの整合性が取れなくなったものと思われます。

トラブル当日は何をしても復元できませんでしたが、翌日に同期の整合性が取れたのかひょっこりと元に戻っておりました。

無料のOneDriveの場合、データが紛失した際の復元がほぼ不可能です(有料版は巻き戻し機能あり)

便利な反面、クラウドだけにデータを置いておくと万が一の際に取返しが付かないのでバックアップをしっかり取っておく事や、信頼性の高い有料クラウドストレージを使う事が大事だと感じました。

2022.02.02

単純作業のハズが・・・

 先日、またSSD換装の依頼がはいりました。

もう何万台もやっているので、今回も即受け、「はいよ~明日には終わらせときます」
Win10クリーンなんて データ移行もなければへの河童、目をつぶってでもできる作業の予定でした。

が。。。   インストールが始まらない・・・だと?(10番風)

BIOSのリセット、内部清掃、インストールメディアの交換、SSDの交換。 誤字脱字のチェック。
全部やっても 始まらない・・・。 
つーか インストーラ上で出るデバイスドライバって何よ。 いや、一般メディアからならドライバCD読むとか
RAIDボードやグラボの増設がされているならわかるけど、あんた検出デバイス「なし」じゃん。。。
故障か・・・。 そう。故障していたんだろう。 ごめんなさいしよう。
そう思ってあきらめかけたとき。

新人S 「 USBポート差し替えてみたらどうですか?」
ん・・あぁ そんなんで直ったら苦労せんで・・・。 
・・・。
(進んだ・・・  やべっ  できたって言いたくねぇ・・・ ありがとうっていいたくねぇ・・・)
あ、こっち見てる・・・。   

三〇さーん、できたで~  楽勝で。
あ、またこっち見てる・・・。   サンクスカード送っとこ♪

2022.01.31

メモ帳の機能紹介(メモを取る以外)

新年も無事明けまして、一発目の記事です。
前回の24番の記事を見てバックアップを取ろうと思った、というコメントにとっても嬉しい気持ちになりました。
何事も事前の備え大事です!大事な資産、情報はしっかりと手元に残したいですね!

さてさて皆さん、メモ帳って知ってますか?(知ってますよね)
windowsのパソコンに初めからついている機能の一つです。
その名の通り、メモを取るためのメモ機能を持ったソフトなのですが、
意外とこれが結構使い勝手がよくって、頻繁に使うのです。

メモを取る以外にも結構便利な機能があるので、
今年一年も良い仕事をするためのお供として、メモ帳の隠れた(?)機能を紹介させていただきます!
 
①時刻表示機能
メモ帳で入力している際に、キーボード上部のF5のボタンを押すと、時刻が自動で挿入されます。
 
②日時自動記録機能
本文の初めに .LOG という文字を入力し、保存するとファイルを開いたタイミングで、自動的に
日付が入力されます。①の機能の応用編です。議事録や作業記録等に便利かもしれません。
どんなふうに入力し、表示されるかは画像を参照ください。
 
 
③検索、置換機能
ズラズラと文字列がたくさん並んでいる文章の中から、特定の文字だけを探し出して置き換えたい場合、
キーボードのCtrl+Hのキーで置換のウィンドウを呼び出すことが可能です。
検索する文字列に変更したい言葉、置換後の文字列に置き換えたい言葉を入力することで、
大量の文字の中の一部を置き換えたい場合に便利です。
ex.こんにちは、という文字を、こんばんはに置き換えたい場合は、検索する文字→こんにちは 置換後の文字列→こんばんは
と入力して、すべて置換を押すと楽に変換が可能です。
 
④パスワード入力
これはメモ帳の隠れた機能でも何でもないのですが、パスワードがあってるはずなのになぜか通らないときってありませんか?
私たちも仕事でいろんなサービスにログインするのですが、困るときが本当によくあります。
そんなとき、一度このメモ帳に打ち込んで、その文字をコピー・貼り付けすると先ほどのパスワードがすっと通ってくれることがあります。
と、いうのも、最近はパスワード入力時に●●●と表示され、何を打ち込んでいるかわかりにくいことがほとんどです。
そのため、CapsLockが有効になっているせいで意図せず大文字小文字が逆転していたり、
NumLockが有効になっているせいで意図せず数字が打てていないときがあったり…そんなとき大変便利です。
 
Wi-Fiのパスワードがあってるはずなのに、パスワードが間違っている!と表示される場合や、
●●にログインしようとするとパスワードではじかれてしまう!といった場合は、ぜひこの記事を思い出してもらえたらと思います。

2022.01.27

インターネットに繋がらない、その原因は…?

お客様より

「インターネットに繋がる端末と繋がらない端末あるんだけど見てくれる?」

と言ったお問い合わせがありました。

有線と無線を両方ご利用してる環境でした。

有線で接続してる端末は問題がなく、無線で接続してる端末が繋がるものと繋がらないものがありました。

ここのお客様はインターネットに接続してる端末の台数は10台前後と少なめでした。

原因からいいますと、DHCPの枯渇です。

DHCPとは、パソコンなどのインターネットに接続できる端末にIPアドレスという住所があります。

その住所を自動的に割り当てる機能のことです。

こちらのお客様は先日ネットワーク機器の入替を行ったということでしたので、

それ以降繋がらない端末が発生したと考えられます。

またDHCPの範囲が狭かったというのも原因でした。

基本的には範囲は広めで設定されていることがほとんどなのですが、

ここのお客様の環境ではかなり狭い環境でしたので、枯渇という状態が起こりました。

IPアドレスを手動で割り当てすると繋がりましたので原因はこれだとすぐにわかりました。

また、DHCPはリース期間と言って、割り当てされたIPアドレスがどのくらいの時間で変わるかという機能もあります。

この時間が長いと新しい端末が入ってきてもここのアドレスはこの端末が○日の△時までだからこの番号は使えません。

一般的な環境でしたら問題はありませんが、DHCPの範囲が狭い場合は範囲を広げるか、

リース期間を変更するかで解決ができます。

2022.01.25

フィッシングメールにご注意を!

ここ数年でフィッシングメールというアカウントのパスワードを不正入手しようとする詐欺メールが急増しています。

 
私もご訪問した際にお客様から「K・ジャパンっていう会社から変なメールが来た」とご相談を受けました。
調べたところK・ジャパンさんもこれはご存じらしくホームページにて注意喚起をされていました。

最近のフィッシング詐欺は本当の取引メールのような文章で、かなり巧妙になってきてますので皆さんも怪しいなと感じるメールにはお気を付け下さい。

2022.01.21

お手入れのお話

みなさま、キーボードってお手入れしてますか?
普段毎日長い時間触っているものなの+キーボードの隙間にはほこりがたまりやすい。
それが原因でキーボードが故障してしまうこともあります。
 
デスクトップ型のパソコンならまだ買い替えればなんとかなりますが。

ノートパソコンのキーボードは壊れちゃうと買い替えも効かないので怖いですよね。
とはいえ水洗いができるわけでもなく、ササっと掃除はなかなか難しいです。
私は昔は綿棒でキーとキーの間をごそごそしてました。
 
そんな中、さくっとキーボードを綺麗にできちゃうアイテムがあったので、実際に使ってみました。

 
それが、スライムです!!

 
え?スライムって思われる方もいらっしゃるかと思います。

でも、掃除用のスライムを使うとホコリや汚れがかなり綺麗にとれます。
そのあとに除菌用のウエットティッシュで拭いてあげればOK。
かなり簡単にきれいにすることができます。
 

皆様のぜひお掃除用スライムお試しください。

2022.01.19

またまたパソコンが遅いのご相談 前回の続き

前回はパソコンの遅くなる原因の一つとしてWindows 10のアップデートに失敗を挙げました。
それではWindows 10のアップデートを失敗させないためにはどうしたらよいか?


1.パソコンは定期的に起動して安定してインターネット接続できる状態を保ちましょう
基本的にWindows10は自動アップデートされますがインターネット接続できなければ当然更新されません。
あまり使用しないパソコンでも定期的に起動して自動更新されるようにしましょう。
そうでなければいざ使いたいときにたまっていたアップデートが走ってパソコンが遅くなります。

2.パソコンを定期的に再起動する
Windows アップデートは再起動しないと適応されないものもあります。
アップデートが実行されても再起動が実行されなかった場合、
次のアップデートが来てもそのまま状態でとまってしまいます。
このあたりはタスクバーに再起動の通知が表示されるのでそれも見逃さないようにしましょう。
またパソコンを常に起動状態とすること自体問題でもありますので
一週間に一度程度は再起動するようにしましょう。

3.アップデートの更新待ち状態でパソコンを切らない
大型アップデートが適応されるとパソコンは再起動しています等の表示からなかなか起動しません。
起動しないからと言って強制的に電源を落とすとアップデートが中途半端になって
アップデートが失敗するようになることがあります。

また下手をするとパソコンが起動しないという状態にもなるので
更新中にむやみに強制的に電源を切るのはやめてください。
ただし、1日まってもそのまま進まないような状態になるケースもあるので
その場合は強制終了もやむなしです。覚悟を決めてやってください。


以上長々となりましたが上記3点気を付けて運用してください。

2022.01.14

光コラボレーション

最近、光コラボレーション(光コラボ)と呼ばれるサービスで契約されるお客様をよく見るようになってきました。
通常インターネット接続には、回線契約(インターネットのインフラそのもの)の契約と、ISP(インターネットサービスプロバイダー)と呼ばれる、インターネットに接続するために必要な認証の契約が必要となります。
単純に電線を自宅に引き入れる工事と、電気を使用する電力会社への契約と同じ関係で、どちらが欠けてもインターネットに接続することはできません。(光回線が車、ISP契約がガソリンのようなものでしょうか)
光コラボは、この2種の契約を一つにまとめてしまい、窓口を一本化したサービスの事を言います。
(なお、NTTのフレッツ光以外の光回線を使用するインターネットサービスは、いわゆる光コラボには含まれません)

実は2015年から開始されたサービスなのですが、新規契約はもちろん、ひかり電話やテレビ、スマホの契約等とまとめると料金が安くなると言って乗り換える方も増えてきています。
便利でお得なサービスではあると思いますが、乗り換えや契約においてトラブルも発生してしまっています。

  1. 二重契約
    よくあるパターンです。もともとフレッツ系のサービスを利用していて、光コラボ系サービスに乗り換えた場合、多くは元のISP契約は不要となります。この元のISP契約を継続したまま光コラボ契約でインターネット接続をしている方をたまに見かけます。
    元のIPS契約を光コラボ契約先が解約してくれるようなことは無いため、ご自分で解約の手続きをしなければなりません。当然解約しなければ、その分の料金が余分に発生しています。
  2. ISPが無い状態でインターネット接続ができなくなった
    上記とは逆の現象です。何らかの原因で、回線のみ光コラボ系、ISPは元のままという状況で、元のISPを解約してしまってインターネットに接続できなくなってしまうといったことになります。
    厄介なのは、ISP契約は解約後すぐに接続できなくなるのではなく、ある程度のマージン(1ヶ月程度)が設けられているため、ある日突然インターネットに繋がらなくなってしまい、原因の特定が難しくなってしまうことです。(解約時に残っていたガソリンが切れて、いよいよ車が動かなくなってしまった状態。ただしガソリンの残量を確認することはできない)
    この場合は、新たにISPを契約(または契約の復活)の手続きをしなければいけません。
  3. 接続速度、安定性の低下
    光コラボ系サービスはNTTのインフラを利用しているため、光回線の品質に関しては問題ないと思います。ですが、ISPの認証サーバーは各業者が自前で用意していますので、このサーバーのスペックによっては、インターネット接続の品質に問題が生じる可能性があります。
    あとから説明する「縛り」のせいで、元の契約に戻すことが難しくなってしまい、さらに大きな問題になることがあります。
  4. 解約が難しいパターンがある
    光コラボ系サービスに乗り換え後、何らかの理由で光コラボ系サービスを解約したくなった場合でも、状況によって違約金等が発生してしまったり、光コラボ系サービスで新規に電話番号を取得していた場合に、その電話番号を別の業者に転用できなかったりする可能性があります。

もちろん、すべての光コラボ系業者で上記のようなトラブルが発生するようなものではありません。
ただ、電話等でその場で契約を交わし、その後トラブルに発展するケースを見かけることも事実です。
ご不安であれば、一度ご相談いただければと思います。

2022.01.06

長期お休みのあと、必ず10社程はトラブル発生

あけましておめでとうございます。電源入れっぱ推奨の 05 です。
本年もPCブログ担当者達と、中の人担当(通称カニ)を どうぞ よろしくお願い申し上げます。

さて、1日遅れのブログです。
写真を撮る暇もなく(イイワケ)バタバタと初日を過ごしてきましたが、
今年も例年変わりなく、トラブルを沢山、ありがとうございます。

・PC起動しない
・サーバーがつながらない
・ネットがつながらない
・バックがアップエラーになっている
などなど。

だいたい繋ぎなおし、起動しなおし、放電で直るのでトラブル自体はたいしたことないのですが
この初日ドキドキ感はたまらないものがあります。
およそ電話対応や、ちょいと訪問してちゃちゃちゃ、で直ったのでよかったです。

電気代気にせずつけっぱなししてもらうほうがトラブルは少ないかも。
久々のキーボード乳慮Kうも雑になったり・・・。

なにわともあれ、皆さん今年も気合い入れてスタートしましょう!

2021.12.27

お客さん「パソコンめげた」

姫路では当たり前に通じるこの言葉。
出身地が東北の私にとって、始めは衝撃的な言葉でした。
パソコンが、メゲる…?
どうやら播州弁で、パソコンが壊れたということらしいですね。
お客様「ベンハウスさん~俺のパソコン、めげたんや!」
パソコンが"しょんぼりしてる"と思っている私「ほほ~ん?調子悪いんですね?(よくわかってない)」
パソコンが"壊れた"と伝えたお客様「そうやねん、困るわ~」
パソコンが"しょんぼりしてる"と思い続けている私「ふんふん、早く良くなるといいですね…?」
パソコンが"壊れた"と伝えたお客様「めげたパソコン直すんが、あんたの仕事やろ~!」
すれ違いコントのようなやり取りが発生しましたが、その後しっかりパソコン直しましたよ!


そんなめげてしまうパソコンですが、皆さん寿命って何年だと思いますか?
もちろん、砂埃の多い場所で24時間動かしっぱなしのパソコンと、デスクで1日1時間しか動かさないパソコン
だと寿命は全然違います。
が、一般的なイメージでは、5~7年だと思っていただければと思います。
最悪壊れたら修理に出せばいいのでは?と思った方もいらっしゃるかと思います。
しかし、メーカーでも部品を保管してくれる年数というのは発売から6年前後なんです。
もしその時期を超えて修理に出しても、メーカーにパーツがない場合は修理をしてもらえません。

我々も、よくデータのお引越し作業をしますが、ちゃんと起動する状態でお引越しするのがやはり一番です。
ハードディスクが壊れかけの状態だったり、上手くWindowsが立ち上がらない状態だと、データが抜ききれなかったり、
前の設定状態に合わせられなかったり…要するに、前みたいに使いたい!という人はとっても苦労することになってしまいます。
業務で使うパソコンや、大事なデータがあるパソコンは、完全に壊れてしまう前に我々にご相談ください。
(バックアップの方法など、ご相談にも乗れますしね!)
なかでもハードディスクが壊れるのが一番悲惨です。
たくさんの時間をつぎ込んだデータが死んでしまうのは結構つらいです(ホロリ)


・なんだかどこかから異音がする
・動きがなんだか急に遅くなった
・電源ボタンを押しても起動したりしなかったりする
・急に電源が落ちる
・焦げ臭い
・なんだかいつもと様子が違う…
等々異変を感じた際は、パソコンからのメッセージの可能性があります。
何度も言いますが、大事なパソコンは壊れる前に買い替えを!!


2021年ももうすぐ終わりです。
今年も大変お世話になりました。
ご訪問させていただいているお客様から、サポートブログみてるよ!という声をお伺いしたり…
twitterから見に来てくださってる方がいらっしゃったり…
(24番はリプもしっかり見てますよ🦀)
どんな内容をお届けしたらいいか、(私は)いつも頭を抱えているので
見ていただけているという一言は、とっても励みになります。
2022年も有意義な内容をお届けできるよう頑張りますので、引き続きよろしくお願いします。
それでは、よいお年を!

2021.12.24

特定の作業をしているとブルースクリーン、その原因は…?

数か月前に新品のパソコンを購入していただいたお客様からご連絡がありました。

「最近使ってたらブルースクリーンが出るから見に来てくれんか?」

最初はまたいつものトラブルかなと思い確認を行いました。

しかし、パソコンのログを見てもいつもとは違うことに気付きました。

実際訪問時にはブルースクリーンが全く出ませんでした。

見ている中で気になったのが、USBハブとUSBメモリでした。

今回納めたパソコンのフロント部分には、USBポートが4つありました。

このお客様の普段使いでは全てのポートが埋まることはありませんでした。

比較的ブルースクリーンが出るタイミングを聞いていると大体同じタイミングでした。

結論から言いますと、USBメモリが壊れかけているということです。

特定のファイルを開いたタイミングで恐らくエラーが出ている感じでした。

USBメモリは壊れないと思っている方もいますが、簡単に壊れます。


定期的な買い換えや外付けHDDなどへの保存が一番安心してご利用いただけると思います。

最近USBメモリの調子がよくない、そう思ったときは早めの買い替えをしてください。

2021.12.15

ルーターやプロバイダ変更したときの注意点

プロバイダも多種多様に増えてきている昨今、
今より安くなるから、いまより通信が早くなるから等様々な理由で乗り換える方がたくさんいらっしゃいます
その際に対応したルーターに切り替わることが大半ですがその時に1番発生しやすいのが、
コピーができなくなる、サーバーが見れなくなる等の問題です。

原因がルーターのIPアドレス(デフォルトゲートウェイ)DHCPの設定になります。
 
通常のパソコンはLANにさせば自動でIPアドレスをルーターからもらえる設定になっていますが、サーバーや
プリンター等は手動でIPアドレスを設定していることが多いです。
ルーターやパソコンのIPアドレスが変わっているのにサーバーやプリンターは自動では切り替わらないので

昔の設定のまま放置されていたというケースがあります。
 
対応は簡単で新しいIPアドレスをサーバーやプリンターに割り振ってあげれば解決します。

 
最近よく増えてきている事例なので、皆様もご注意ください。

2021.12.13

またまたパソコンが遅いのご相談

急にパソコンが重くなった。起動しても真っ暗で使えない。
こんな問い合わせが非常によくあったりします。

原因は様々ですが今回の事例だとWindows 10のアップデートに失敗していることが原因でした。
Windowsのアップデートに失敗するとなぜパソコンが遅くなるか?
理由はいたってシンプルで成功するまで裏でリトライするからです。

一時的な不調ならリトライで解決でいいのですが
アップデート失敗パターンのほとんどが何らかの処理を施さない限り解決しません。

で、どうなるかというと、パソコンが起動すると
Windowsのアップデート処理が裏で実行される失敗する元に戻す再度実行する
というループ処理に陥ります。

こうなると動作が非常に遅くなります。
起動したら裏で処理が終わるまで画面真っ暗だったり、
何かアプリを起動しようとしても裏で処理が走るので時間がかかる状態になります。

どう解決するかというとアップデートを妨げている原因を探って取り除くことしないと解決しません。
この原因はWindowsのシステムが破損している、セキュリティソフトが古くて邪魔してる等
いろいろあるので困ったら専門家であるベンハウスにご相談ください。

長くなったのでアップデートを失敗しないためにどうするばよいかを次回にお話しさせていただきます。

2021.12.08

CEもパソコンの知識が必要です。

我々CE(カスタマーエンジニア)は複合機の修理、メンテナンスの担当ですが、現在の複合機はパソコンやインターネットと密接に関わっており機械の知識だけでは活躍できなくなってきました。

ご利用中のお客様も多いと思いますが、複合機からスキャンをメールで飛ばしたり、PCからFAXを見たり送ったりと便利になればなるほどITの知識や技術が必要になってきます。

そこでベンハウスのCEは現在、パソコン整備士という資格に全員で挑戦しています。

機械のメンテナンスに加えてネットワーク、パソコンのトラブルにも対応できるようになることで活躍の幅が広がっていくと思います。

2021.12.06

エモテット再び

2019年から今年にかけて、世界中で猛威を奮った「Emotet(エモテット )」が再び流行の兆しを見せています。
これは、過去メールでやりとりをしたことのある相手を騙り、ウィルスである添付ファイルを実行させる手口で世界的に大流行しました。
一度は沈静化したものですが、2021年11月半ばから、再びその存在が確認されるようになりました。
実際に弊社にもお客様からお問い合わせをいただき、サポートも行いました。
過去のエモテット注意喚起に関する記事は下記をご覧ください。

これから年末年始にかけて、年末の挨拶や年始の挨拶等を装った迷惑メール、ウィルスメールが増えてきます。
知り合いからのメールだと油断せず、送信元をしっかり確認した上で添付ファイルの実行をするように気をつけましょう。

とは言え、人間ですからうっかりミスもしてしまうものです。
これは避けられないことですので、最後の砦は機械に任せてしまうのが一番確実かと思います。
何かあっても機械のせいにできますし……。

何かあったときに従業員さんに責任を負わせたくない方はぜひお早めにご相談ください。

2021.12.01

データ移行は、コマンドがやっぱり便利 ~中の人も覚えてみる?~

 今回のご依頼は、壊れかけNAS。開こうとするとフリーズする始末なので、なかなかデータの取り出しがはかどらない。

なんせあっち開いてフリーズ、こっち開いてフリーズ。
1年ぐらいかかりそうなデータ移行。。
こんなときに役立つのがrobocopyコマンドです。
使ってるかたも多いとおいますが応答なしスキップ機能があります。
スキップしたファイル・フォルダを確認できます。
好きな場所で停止できます。
スキップフォルダを設定できます。
こんな感じでえっちらおっちら、なんとか1週間程で移行完了です。
データ修復の業者に出すと20万とかですもんね。安く済んでよかった。
こんなときコマンドコピー覚えててよかったと心底思います。

2021.11.29

PC「寒いので無理です」

最近寒くなってきましたね。
私は、北国の生まれなのですが、寒さにはめっきり弱いです。
北国は冷えることを前提とした家づくりになっているので、
意外と姫路のお家のほうが底冷えして寒い…と冬が来るたびに思います。
おまけに寒暖差アレルギー持ちなので、この時期はしょっちゅう鼻水くしゃみとの戦いです。
雪耐性は高いですが、寒耐性は低い24番です。
(ママさんダンプが姫路で通じない…)

さてさて、なぜ冒頭にこんな記事を書いたかというと、
冷えで弱るのは私たち人間だけではないということです。
夏、ブログでさんざん排熱がどうの、暑さがどうの、と書いていたような気がしますが、
実は寒さにも弱いんです。

ひんやりしていて動きが悪い、だけではなく、
部屋を暖めた直後はパソコン内部にまだ熱が伝わっていないため、
温度差により結露が発生します。

メーカーによって適正温度の差は多少ありますが、最低でも
10℃が最低温度だと考えていただけると安心かなと思います。
それより下がってしまうと、電源が上手く入らなくなったり、起動エラーが発生します。
ちなみに、あまりに温度が低い状態で稼働させ続けると、ハードディスクの故障リスクが
上がります。

我々人間が快適にその部屋で過ごせる温度が、パソコンにとってもベストな温度
ということですね。機械といえども寒いものは寒いし、暑いものは暑い!というわけです。
長くパソコンを使うためにも、冬の起動温度、ぜひ注意してみてください。


(季節の記事を書くとネタがかぶりがちなので、他のメンバーと内容が被りませんように…笑)

2021.11.26

モニターが映らない

 先日こういうトラブルがありました。

ノートパソコンに繋いでいるサブモニターが映らないんです。

ベンハウスのサポートに連絡してもノートパソコンから映像出力はされています。

という連絡はあったのですが、物理的な原因の場合、私たちが訪問する以外解決方法がありません。

実際にお客様先へ訪問し、確認を行いました。

原因としては、モニターの出力切り替えが違っていたというところでした。

お客様の端末とモニターはHDMIケーブルで繋がったいたのですが、

モニターの設定は他のものになっていました。

単純なことですが、切り替えスイッチがあるというのはなかなか気付けません。

恐らく何かの時にボタンに指が当たったものと思われます。

小さいボタンなので押さないとは思いますが、

横に電源ボタンがあるとそこと間違えて押すことはよくあります。

モニターを消す際は他のボタンに触れないよう気を付けてみるのもいいかもしれません。

2021.11.22

Canon複合機のWindows11への対応状況

MicroSoftの新OS「Windows11」が発表されてから1か月程経ちました。

当初プリントアウトや複合機内への保存に使用する「アドバンスドボックス」への接続が出来なくなっていましたが、
複合機の最新ファームウェアにより対応可能となりました。
プリントアウトについてもCanonホームページにて
Windows11用のプリンタドライバがリリースされておりますので、
そちらをダウンロードして頂くと対応可能です。

まだアップデートをされているお客様は少ないかと思いますが、もしお困りの方はお試し下さい。

自身でされるのがめんどう、または難しいというお客様は「設定おまかせ」というサービスもあります。
今回のWindowsの件以外でも設定等ご依頼頂けるサービスとなりますので、こちらも是非ご検討下さい。

2021.11.19

ウイルスに感染?

お客様よりコンピューターウイルスに感染したという依頼を頂きました。
Google Chromeを開くと感染メッセージが出続けるとの事でした。
実際にGoogle Chromeを開いたら「お使いのPCはウイルス感染しています!!」というメッセージが確かに出ていました。
しかし、よく見るとそれはただの怪しい広告バナーでした。
そのバナーを消しても次から次に脅し文句に近い広告が次々と表示され続けていました。
(実際にはウイルスに感染していませんでした)

 
結論から言うと、Google Chromeの拡張機能を利用した不正広告を表示するものでした。
この拡張機能を削除するとこにより、表示はすぐに消えました。
今回はただの表示で、しかもお客様はバナーをクリックしていなかったので被害にあうことはありませんでしたが
物によっては個人情報をハッキングしたり直接お客様のPCに直接被害を与えるものもあるようです。

もし、パソコンのことでお困りでしたらぜひ弊社までご相談ください。

2021.11.17

バックアップのすゝめ

最近お客様で多いのが、NASの故障です。
私が呪われているのかと思うほど最近増えています。。。。
お祓いに行こうかな。。。。
 
という冗談はおいておいて

やはり5年を経過すると故障が発生したりしてしまうものです機械なので。
 
そこで、データが見れなくなった!!バックアップ取ってない!!

復旧に20万かかる!?
 
というお話をよくします。

 
実は月数千円投資してバックアップをするだけで故障した際の復旧や

間違ってデータを消してしまった時の復旧が簡単になります。
 
急になって困ってしまう前にまず一度バックアップのご相談をベンハウスにください。

NASやサーバーだけでなくお客様のパソコン自体のバックアップもサポートさせて頂きます。

2021.11.15

スマホの写真を印刷したい

わりとよくあるお問い合わせのひとつにスマホでとった写真を印刷したいというのがあります。
色々やり方はありますが一番簡単なのは直接印刷です。

プリンタと同じネットワークのWifiに接続することが前提となりますが
iPhoneの場合はAirPrintの機能を利用すれば簡単に印刷可能です。
Androidの場合はキヤノンをはじめとするプリンタメーカーに
印刷用のアプリがあるので利用すればこちらも簡単に印刷できます。

ちょっと加工したい、複数枚を一枚に印刷したいという場合は

パソコンにいったんコピーしてから印刷する必要があります。

パソコンにコピーする方法も色々あります。
もっとも簡単なのはパソコンにメールで送る。
複雑な操作は覚えられないというお客様にはお勧めしています。

クラウドストレージで共有する。
OneDriveGoogle PhotosGoogleDriveiCloudAmazon Photos等。
有償のサービスもありますが最初の設定だけ終われば便利です。
 
USB
、ブルートゥースでのファイル転送。
つなぐだけと思いきや、意外に手順があって戸惑う方も多いです。


年賀状作成に向けて写真を利用したいなど需要があると思いますので
ぜひ参考にしてください。

2021.11.12

共有のフォルダが見れなくなってしまった

昨日営業から共有のフォルダが見れなくなっちゃったらしいから見てきて〜と依頼がありました。

 

お伺いし見させて頂くと、フォルダの共有設定が解除されていました。

 

作業後お話を伺うと 共有フォルダを間違えて消してしまったのでゴミ箱から戻した。との事でした。

 

実は共有設定を行ったフォルダを別の場所に移動させたり、名前を変更すると共有した設定が初期化してしまい解除されてしまいます。

 

再設定することは可能ですが、お仕事が止まってしまう原因になるかと思いますのでお気を付け下さい。

2021.11.08

メールアドレス乗っ取り

先日、「メールが送信できない」というお問い合わせをいただきました。
社内で一つのメールアドレスを共有しており、すべてのPCからメールが送信できないというものです。
以前の記事、メールが送れない!でも書いたことがありましたが、ここまではよくあるトラブルです。
大抵はサーバーの容量超過や送信の認証設定変更で解決するのですが、今回はそうは行きませんでした。

まず、すべてのPCからメールが送信できないため、サーバー上のトラブルである可能性が高いです。
ですが、そのような障害情報も見当たりませんし、送信はできないけれど受信は問題ないため、サーバー障害の可能性は早々に消えました。

次に試したのが、Webメールでの送信。
一部のメールサーバーにはWebメールと言う機能があり、メールソフト(Outlook等)を使用せずに、インターネット上から直接メールが使用できるものがあります。GmailやYahooメール等がそれですね。
そして、Webメールからの送信は問題なしでした。

最後に、一番可能性が低かったですが、一番あってほしくなかった可能性について、直接問い合わせを行ってもらいました。(これはお客様の契約情報に関わるので、第三者である我々ではなく、契約者様自身に問い合わせて頂く必要があります。)
そこで得た回答が「送信ブロック
つまり、メールサーバーでわざとメール送信を止めていたとのこと。
理由は、メールの大量送信でした。

なぜこのようなことが起こるのか?
おそらくですが、メールの認証情報が第三者に窃取されて、迷惑メール送信の踏み台にされていたのでしょう。
迷惑メールは、1分間に何千通、何万通と機械的にメールを送信するので、メールサーバに多大な負荷をかけます。これによりサービスを止められていたわけです。
すぐに送信ブロックを解除してもらい、速やかにメールのパスワードを変更しました。(それでもタイムラグがあるため、ほぼ丸一日メールが使えない状態でした。)

そもそもメール情報を盗まれた原因ですが、あくまで憶測になりますが、古いメールソフトを使用されていたことが原因ではないかと思います。
「使い慣れている」という一点で、未だにWindows Live MailというWindows7由来のソフトを使用されている方も多いです。
もう10年以上前のソフトですので、セキュリティが甘いのは当然ですね。
もちろん、すぐにソフトの使用を中止していただき、新しいメールソフトに乗り換えていただきました。

2021.11.01

zoomのトラブル

 zoom使用中のトラブル

先日、zoom使用中、インカメラが5分程で止まってしまうというご相談を頂きました。
zoomのトラブルって多い割にwebに出ている解決策が少なくて苦戦することが多いです。

その理由は、アプリ・回線・PCすべてに可能性があるからです。
というわけで、さっそく切り分けて問題発見へ向けて作業です。
1.カメラトラブルなんで、まずカメラのドライバを再インストール    → 解消せず
2.zoomのトラブルなんで、ズームの再インストール    → 解消せず
3.無線を疑い、有線にしてみる       → 解消せず
4.回線の混雑を疑い、テザリングに    → 解消せず
5.Windowsを疑い、新アカウントでテスト    → 解消せず

まぁだいたいこのあたりがwebに出ている「解決方法」ですね。
ともかく解消しないので次のステップへ。

セキュリティソフト削除 → 解消せず
スタートアップ全部止めてみる → 解消せず
ドライバ 全更新 → 解消せず
カメラアプリでカメラ単体の動作チェック → カメラだけなら止まらない
おっと? これはどういうことかに? ここでようやく切り分けできた部分発見。
やはりカメラの不具合か、はたまたzoomとカメラの相性か・・・?

ちょっと別のカメラつけてテストしてみようかと思い、「USBカメラとかお持ちではないですか?」とお聞きすると
引き出しから「これ、使えないんでついでに使えるようにしてもらえますか」

(。´・ω・)ん? もしや?
そう、そのUSBカメラと、インカメラのドライバが競合してました。 
なんやかんやで入れなおして解消しました。

2021.10.27

秋の防災対策?のはなし

みなさん、UPSって知っていますか?
サーバーや、NAS、外付けハードディスクなど、
急に電力がなくなって電源がブチっと切れてしまうと故障してしまう可能性がある機器は、
コンセントと機器の間にバッテリーを咬ませて正常にシャットダウンを行うための時間稼ぎをします。

そのためのバッテリーこそが、UPS(無停電電源装置ともいう)なのです。
台風の季節が近づいてきますが、みなさん会社のUPSのバッテリーは大丈夫ですか?

長く通電していると、バッテリーは年々劣化していきます。普段使っているスマホも同じですよね。
劣化していると何が起きるかというと、緊急時コンセントから給電されなくなった瞬間に、
UPSに接続しているにもかかわらず一瞬で機器の電源が落ちます。
要するに、コンセントから直接電源を取っていて停電してブチっと電源が切れるのと同じ状態になってしまうということです。

このような緊急時対策のための機器などは
普段はあまり存在感を発揮しませんが、万が一の際には一気に力を発揮します。
その時に役立たず…だと意味がありません。
消火器や防災グッズなども、万が一の時に買いに行っても遅く、普段からの準備が大切なのと同じです。

最近の日本は暴風や災害も増えてきました。
万が一のために備えるのは、会社も同じです。
会社の資産ともいえるデータをしっかりと守るためにも、UPSのバッテリーが劣化していないかどうか
確かめてみることも1つの防災対策かと思います。

こんなマークに赤いランプがついていたら、
是非ご相談くださいね。

 

2021.10.22

インターネットが開かない

先日、お客様から久しぶりにノートパソコンを開いたらインターネットが使えないと連絡がありました。
訪問して確認すると、確かにYahoo!Googleも開きません。
インターネット接続をWi-Fiから有線に切り替えても現象が変わりません。
ネットワーク設定を色々確認しましたが特に異常はありませんでした。

半べそかきながら私のパソコン先生にご教授を頂くと、どうやらパソコンの日付がくるっていたらインターネット接続に影響があったり、いろいろな不具合があるらしいのです。
それを聞いてパソコンの画面をよく見ると、現在の日付が2020年6月になっていました。
日付を現在の正しい時刻に設定すると、無事インターネット接続ができました。

私はまた一つ成長できました。

2021.10.15

windows11 試してきました。

windows11にアップデートが可能になったので早速windows11を触ってみましたので
簡単にまとめさせていただきました。
 
結論から言いますと、そんなに変わってないです。

ただ、目に見える部分が結構変わってます。
 

良い所

・起動や終了が早くなった。
体感なので、実際計測したわけではないのですが明らかにアップデート後のほうが立ち上げが早く感じました。
 
・見た目がすっきりしている。

mcを意識したようなデザインに全体的に変わってますね、個人的には割と好きです。
 

悪い所
・右クリックが使いにくい
今まで文字で表示されていたコピーやペーストがアイコンになっているようで最初は「ん?」となりました。
慣れれば大丈夫だと思うのですが、個人的にはうーん...
 
・フォルダを開くのが遅い

インターネットを見ていると同じ事を言ってる方が結構いらっしゃったので、恐らくPCの問題ではないと思うのですが。
フォルダを開くのが明らかに遅い感じがします。恐らくアップデートで対応はされると思うので、気長に待ちましょう。
 
簡単にですが、以上なります。

個人的にはまだアップデートは待つほうがいいかなという印象でした。

2021.10.13

ネットワークのパソコンの一覧が表示されない

Windows10に変えてからネットワークの一覧から特定のパソコンが表示されなくなったという相談をよく受けます。
Windows ネットワークの管理者などやっているとこの表示されない問題は一度は悩まされる問題だと思います。

ここからは少々難しい話になるのですがこれはWindowsのマスターブラウザというものがを大きく影響しています。
Windowsパソコンのネットワークに表示されるパソコンの一覧はこのマスターブラウザが管理しています。

マスターブラウザはドメイン環境であればプライマリードメインコントローラーが、
そうでない場合はネットワーク内の一覧最初に起動したパソコンがマスターブラウザに選定されます。
つまりそのマスターブラウザに選ばれた端末の状態によって一覧に何が表示されるかが決まることになります。

例えばWindows10SMBv1がオフになっていることが多いのでv1に対応していない端末は表示されません。
また逆にオンになっているとなぜかv1に対応している端末しか表示しないようです。


解決方法としては以下のようにいくつかの手法があります。

1.ネットワーク内のパソコン等の機器を最新のバージョンで揃える
2.マスターブラウザにWindows 7端末を利用する
3.アドレスを直打ち、ショートカットの活用


1はWindowsのパソコンだけで言えば問題ないですが、NAS等の機器があると対応できないケースもあります。
2はセキュリティ的にサポートの終わったWindows7使うのはリスクがあります。
3がポイントです。実はネットワークの一覧に表示されない、だから共有にアクセスできないではないのです。


マスターブラウザは一覧表示に関する機能だけで共有のアクセスには関係ありません。
こだわりを持って表示させることに躍起になるより、代替手段で対応するほうが簡単です。
だからあらかじめショートカットを作成してそこからアクセスするようにしてやれば問題なく利用できます。

正直Windowsの仕様がどうなんだと思うところもあるのですが
ネットワークに関しては複雑な問題がありますので困ったらプロにご相談ください。

2021.10.06

PC上のファイルが消せない、名前を変えられない等

エラーメッセージ
こんなメッセージが表示されても、意味がわからないですよね?

「デスクトップ上のファイルがどうやっても消せない」や、「名前の変更ができない」といったトラブルに遭遇することがあります。この場合、ファイルの閲覧は可能です。
情報セキュリティ上、例えばマイナンバー等の個人情報等が記載されたファイルは、他人からすぐに見える範囲に置くことは好ましくありません。
それなのに、消したいファイルが消せない、移動もできない状況は、思ったよりも厄介な状態です。
上記のような、ファイル名が変更できない、削除できないという状況ができる原因はいつくか考えられます。

まずはWindowsのセキュリティ上削除が許可されていない場合。
この場合は、当該ファイルへのアクセス権を正しく付与すれば、削除等が可能となります。
PCを買い替えてデータを移行した場合や、Windowsログインユーザーが違う場合に起こりえます。

それから、厄介なのがファイル名が長すぎる場合です。
実はWindowsは、ファイル名の長さに上限があります。半角で256文字です。
注意していただきたいのは、ファイル単体の名前ではなく、ファイルパス(ファイルが保存されているディレクトリまで全て)を含めて256文字以内にしなければならないということです。
具体例としては、「テキスト.txt」という名前のファイルが、マイドキュメントの中の書類と言うフォルダに入っていた場合、ファイルパスは下記のようになります。
C:\users\ユーザー名\Documents\書類\テキスト.txt
これで52文字分です。(全角文字は半角2文字分で扱います。)意外と長くないですか?

特に、メール等で日本語の圧縮ファイルを受け取って、それを自分のデスクトップに解凍する場合等に文字数がオーバーしてしまうことがありますので、注意してください。
こうなってしまうと、コマンドラインからリネーム→削除という力技に頼る形になると思います。
お早めにご連絡ください。

2021.10.04

偽ショッピングサイトにご注意!

先日お客様から偽ショッピングサイトに引っかかってしまったと相談がありました。
被害としてはクレジットカード番号の表と裏を盗まれたというもの。

<経緯>
・得意先より部品を依頼される
・インターネットで型番を検索し、ショッピングサイトが見つかる
・価格も安かったため購入することに 

・買い物かごに入れる
・クレジットカード番号、住所等を入力
・商品等到着しないので被害に気づく

このサイトのスクリーンショットを添付します。




特徴は
・字のフォントが変
・異常に安い
・商品構成に脈絡がない
・住所が実在しない
・支払い方法は振り込みのみと記載があるのに、購入時にクレジットカード番号を求められる

など。

 
一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)への被害報告によると、
2019年と比較して、被害報告が約1.7倍になっているとのこと。

皆さんも普段使わないショッピングサイトでの購入の際、くれぐれもご注意下さい。

2021.09.30

NumLockのはなし

パソコン触る人をたびたび悩ませるNumLock(※注釈)キー。
先日こんな出来事がありました。

「ノートパソコンの蓋を閉じたタイミングだと思うんだけど、勝手にNumlockが有効になって困っているんだよね」とのこと。
パソコンを預かって色々見てみましたが、蓋を閉じてもトラブルが発生しない・設定も問題ない。
どういうこと…?と、思いながら持ち主のデスクにパソコンを返しに行ったところ、原因が判明しました。

・デスクではテンキー付きUSBキーボードをつないでお仕事をする。
・外に出る時はUSBキーボードを外して、テンキーのないノートパソコンで仕事をする。←このとき使おうとすると、Numlockが有効になっている

要するに、社内に戻ったタイミング・外に出たタイミングで自分自身でNumlockを有効・無効にしていたということが判明。

テンキーのついたノートパソコンと、テンキー付きUSBキーボードの組み合わせだと発生しなかったトラブルでした。
自分でいろいろ調べて、改善しようと結構粘ったとのことですが、まさか自分でしていたとは…!と笑っていました。
少しわかりにくいかもしれないので、図も一緒にのせておきますね。

詳しい人でも意外なところでNumlockに頭を抱えます。
最近テレワークが増えたことで、ノートパソコンを持ち歩くというお客さんも増えました。
働き方が変わってこんなトラブルも増えるかも…?なんて思ったトラブルでした。

※NumLockキー とは
主にキーボードの右側にあるキーで、数字のロック・解除を行うキーのことです。
すなわち、テンキーと呼ばれる右側の電卓のようなエリアを、数字入力キーとして有効にするかどうか
選ぶことのできるキーです。

 

2021.09.15

近づいてきたwindows11リリースこれだけは注意!!

Windows 11のリリースが105日と迫ってきました。
一応条件付きではありますが、windows10からの無料アップデート(手動)があるそうです。
 
1
点これだけは注意していただきたいのですが、インターネットエクスプローラーが使えなくなります。
現在ネットバンキングやシステム等インターネットエクスプローラーでしか使えないソフトを利用している場合は注意しましょう。
 

私はテスト端末で使い倒して皆様に有益な情報をお伝えして参ります!!

2021.09.13

Surface Pro Xの実力と落とし穴

Microsoftの「Surface」をご存じでしょうか?

テレワークで大量に導入された話を聞きますし、
現役学生のかた等はギガスクール構想で導入されてすでにおなじみになっているかもしれません。

あらためて説明するとマイクロソフトが開発しているタブレットPC
(のちにノートパソコンも出たのでタブレットに限りませんが)です。
見た目がモダンでかっこいい外見とまるでiPdのようなやつです。
MSのなかのひともこっそりとiPdの後追い製品というようなことを言ってた気がしますw

そのSurfaceシリーズのPro XにはMicrosoft SQ2というArmCPUが使用されていることがあります。
このSQ2というCPUArm系だけあって消費電力が少なく長時間使用できるうえに、
タブレットPCでありながら軽快でさくさく動きます。

ここまで聞くとよいことだらけですが、このCPUには実に厄介な問題があります。
それはほとんどの既存アプリが動作しないことです。プリンタドライバすらほとんど対応してません。

お客様のところに納品して困ったのですが
なんとアンチウィルスソフトのウィルスバスターすらインストールできない有様です。

タブレットとしてWebサーフィンや動画視聴として使う分には問題ないですが
Windowsのアプリを使用することを期待して導入するとえらい目に合うかもしれません。

導入の目的に合わせて端末の選定をするように気を付けましょう。

2021.09.06

メールが送れない!

「取引先さんから、『メールが届いてない』って連絡が来るんやけど……。」
このような相談をよくお聞きするようになりました。
お仕事の連絡で、メールが使用できないというのは、今となっては非常に不便で、場合によっては業務に大きな影響を及ぼします。
ただ、メールというものは送信側と受信側の双方向通信ですので、自分側だけが悪いということも無いのです。

メールが相手に届いていなかった際に確認すべき点は、大まかに以下となります。

  1. 自分の端末は正常にメールを送信できているか(設定が正しいか等)
  2. メールサーバーは正常にメールを送信できているか(エラーメール等が返ってきていないか)
  3. 本当に相手先にメールが届いていないのか(迷惑メールに分類されていたりしないか)

2021.09.01

サーバーのサービスが開始できない、「管理者に~」でお困りの方へ届け

 本日のトラブルは、サーバー停止でネットワークが全滅したお話です。

皆さんの会社でもサーバーが起動しないとなったら仕事にならないのではないでしょうか?
もちろんバックアップはあるのでなんとかなるのですが、さて、ダウンタイムの計算と
復旧までのルートを探りながら修復か復元か、と調査しながら作業開始です。

 

まずADサーバーが停止しているので手動で開始。
「ADドメインサービスを開始できません、権限がありません、ネットワーク管理者に連絡してください」

ん? 私ですが・・・。

DNSサーバーも停止中なので開始。

「サービスを開始できません(略 」

んんん?

net start dnscacheで再開しようとしても「サービスを開始できません(略

お客様側で 管理者権限を制限しているのかと思い、新ユーザーで管理者を追加し
上記手順を行うも同様のエラー。
権限ドコー?状態ですね。

でもね、大丈夫。なんとなく察しはついていました。
ESET fileSecurtyをアンインストール。

無事、動きました。 ここだけの話、以前に5時間ハマった経験が生きました♪

セキュリティソフトなのか、Serverアップデートなのかわかりませんが、
多臓器不全で瀕死な状態までなってしまうこれ、ネットで検索しても
「ADの修復方法、とか DNSサーバーリスタート」ばかりで解決できず。
まして ESET Endpoint Securtyならまだしも FileSecurtyでサービスがロックされてしまうなんて気づくもんですか!

前回は某バスタービジネスセキュリティでしたが今回は、ESET FileSecurtyでした。
同じようなサービスが起動できない方、ここにたどり着いてもらえると酔いなぁ(おっと誤字だ

※今回は縦読みないです

2021.08.30

イヤホンを刺すと、声が相手に届かない話。

 お客様からのお問合せ。
「この前イヤホンをパソコンにさしてもZOOMで声が届かなかったんだ。なんでだろう…?」
とのこと。
この方のパソコンは、ノートパソコンで画面上のカメラ横にマイクがついて
いるタイプだったので、イヤホンで音を聞きながら画面に向かって話しかければ
音は拾ってくれるはずなのに…と思いながら設定を確認していきました。
音声設定もOK、マイクもOK、何も問題ないはず…と思っていたら、
原因はイヤホンを刺し込んだ時の選択肢にありました。

実は、お客様のパソコンはイヤホンを刺し込むと
・ヘッドフォン
・ヘッドセット
と、機器を選ぶウィンドウが右下に出てきていました。

それを"ヘッドセット"で選択していたのが音の出なくなる原因だったのです。
ヘッドフォンは音を聞く機能のみですが、
ヘッドセットはコールセンターのオペレーターがつけているような口元にマイクがついている機器です。

ヘッドセットを選ぶと、カメラ横のマイクを使わずに刺したイヤホンから音を取ろう!
と、頑張ってしまっていた…というのが事の顛末でした。
ヘッドフォンを選び直したら無事声が届けられるようになりましたよ。

結果としてはちょっとした事のようですが、
トラブル時、原因を探るのって結構大変だったりします。
盲目になっていて、意外と一人で原因が見つからない…なんてこともあるかもしれません。
困ったときは、いつでもご相談くださいね。

2021.08.27

インターネットに繋がらない、その原因は…

 インターネットに繋がらないといったトラブル、経験ありませんか?

原因を探していく場合は、繋がらない端末から順番に探していくとわかりやすい場合があります。

インターネットに繋がらない端末が複数台ある場合は元の方が怪しいという判断になります。

ONU→ルーター(無線LANルーター等)→PCやスマートフォン

といった形で繋がっています。

ONUにルーター機能がない場合は2つ目のルーターがインターネットの入り口となっています。

今回起きた現象が、訪問時にパソコンの設定をしていた際にインターネットに繋がらなくなるというトラブルがありました。

原因としてはDNSサーバーに到達できませんという内容でした。

ルーターからIPアドレスはしっかりともらえてたので、右下のインターネットのアイコンが地球マークになっていませんでした。

原因を探すのは難しいですが、頻繁に起こる場合はルーターの調子が悪い場合が多いです。

その場合は買替等の検討をしてみると改善されるかもしれません。


2021.08.23

「トラッキング現象」という言葉をお聞きになったことはございませんか?

コンセントとプラグの隙間にホコリが溜まり、
そのホコリが空気中の湿気を吸収することで、
漏電し発火する現象のことを言います。
季節に関係なくいつでも起こる可能性がありますが、
その中でも湿気の多い梅雨時期には特に注意が必要です。
大型電気製品やパソコンなどの普段掃除できない裏側などは、
時々確認することをオススメいたします。
 
ポイント
◆ コンセントとプラグの間に隙間ができないようにしっかりと差し込む。
◆ コンセントの抜き差しを行う場合は必ず機器の電源を切る。
◆ トラッキング現象防止機能の付いたタップに交換する

2021.08.20

意外な落とし穴

パソコンのトラブルで、共有フォルダに接続できない・インターネットが出来なくなる
といった問い合わせがそれぞれ別のお客様からありました。
一度ではわからずに、訪問時は解消しているという状態でした。

 
再びそれぞれのお客様からコールが入り原因を調査した結果
ネットワーク上のLANHUBが原因でした。

インターネット、ネットワークの調子が悪い時よく言われるのがルーターや光の終端装置の再起動で解消するということですが
今回のケースではルーターや光の終端装置は全然関係ありませんでした。

結論としてLANHUBを入れ替えてもらうということで解決しました。

パソコンのトラブルは年々複雑化しているのでお客様では解決しないことが多々あります。
もしトラブルが解消しない、トラブル解消の時間を節約したい等がありましたら
弊社まで相談ください。

2021.08.19

インターネットエクスプローラーが開かなくなった時の対処法

 最近よくお客様からネットバンキングが使えなくなった、いつも使ってるソフトが使えなくなったなど多数お問い合わせがあります。
その原因がインターネットエクスプローラーを開くと自動でマイクロソフトエッジが起動するという設定になっているケースが大半です。
非常に簡単に対応できますので、今回ご紹介させていただきます。

右上の・・・の中に下画像の「既定のブラウザー」の中にある「InternetExplorerにMicrosoftEdgeでサイトを開かせる」の部分が
常に表示になっています。それを互換性のないサイトのみに変更する。
以上の作業で変更ができます。

急に開かなくなったな、という方ぜひお試しください。




2021.08.18

パソコンが壊れたと思ったときに修理依頼前に確認すること

仕事をする際にパソコンが起動しないと焦ってしまいますよね。

お客さまからも「急ぎの仕事があるのにパソコンが動かない。すぐ来てくれ。」という電話があります。
実際に訪問してみると故障ではなく、ちょっとしたことで動かないだけということもあります。

その時はお客様が非常に申し訳なさそうになさるので、
笑顔で「サポート入っていただいてるので大丈夫です。大事なくてよかったです」と返すようにしています。

こういうケースも多々あるので焦ってサポート電話する前に以下の確認をしていただけたらと思います。 


1.電源の確認

 当たり前の話ですが実は割とよくあるパターンです。
ディスプレイの電源ボタンがオフになっている。電源ケーブルが抜けていた。等々。
本人がやったらまだ意識があるのですが他の人が原因の場合は意外に気が付きません。
パソコンが起動しないと思ったらまずこれを確認して下さい。

2.機器の再起動
よくわからない動作をする場合はこれが意外に有効です。
雷による電圧低下、Windows Update、等々、原因は様々ですが機器を再起動することで
クリーンな状態になるのでこれだけで直ることが多いです。
とりあえず変な動きしているなと思ったら一度試してください。

3.放電処理
パソコンをはじめとした機器の中のコンデンサという部品には電気を蓄えるものがあります。
この蓄えられた電気が悪影響を与えてうまく動作しないことがあります。
1,2を確認して動かない場合は簡単なので一度試していただければと思います。 

〇デスクトップパソコンの場合
まず接続されているケーブル(電源、USB、LAN等)を引っこ抜きます。
※再接続する際に間違ったところに接続しないように抜く前にメモするなり、写真撮るなりで元の接続箇所を覚えておいてください。

〇ノートパソコンの場合
バッテリーを外してください。(最近は取り外しできない、内臓型のものもあるのでその場合の放電はあきらめてください。)
電源ケーブルやUSB機器を取り外してください。
※再接続する際に間違ったところに接続しないように抜く前にメモするなり、写真撮るなりで元の接続箇所を覚えておいてください。 

あとは電源ボタンを10秒ほど押すを3回ほど繰り返してください。(もちろん起動はしません。電気を抜くために必要な処理です。)
以上で放電処理を終了です。取り外したもの再度接続しなおして起動するか試してみてください。
これだけで復旧することも多いです。ただし、頻繁に放電が必要な場合は故障傾向にあるのでその場合は相談してください。
 

ちなみに上記処理をしてもだめなら素直に専門家にご相談ください。
ベンハウスではスポットでも対応受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

2021.08.06

半導体不足

もうお聞き及びかと思いますが、世界的に半導体が不足しており、 様々な分野に影響が出ています。

  • COVID-19により一時生産がストップしていた自動車販売が急回復したことによる需要
  • スマートフォン(特に5G端末)の販売拡大
  • 巣ごもり需要による家電販売の増加
  • テレワークによるPCや周辺機器の需要拡大

このあたりが主な影響と言われていますが、実はもっと根本的な部分での影響が大きいです。
それが下記となります。

半導体工場の火災の影響

実は昨年、今年と半導体生産工場で火災が発生しました。需要が高まった時期の火災で更に生産が遅れているようです。

米国の寒波の影響

直接関係なさそうに思われるかもしれませんが、この寒波により半導体に使用される樹脂の供給が止まってしまいました。

需要の急増に対する物流の遅延

急増した需要に対する物流の混乱で、モノが届かないというケースも多々あるようです。

こうした混乱は来年2022年いっぱいは続くと予想されています。
PC、複合機をはじめ、機器類は早めにご注文いただき、早めに品物を確保して下さい。

2021.08.04

パソコンでスマホのSMSが送信できるって知っていました? →Microsoft製「スマホ同期アプリ」のご紹介

LINEやメールが全盛の今でも、お仕事の連絡などでSMS(ショートメッセージサービス)を使うことがある方、
私も使っている「スマホ同期アプリ」のご紹介です。

これを使えばパソコン上で
・スマホのSMSが送信できる
・スマホの電話帳を使って発信ができる

・スマホの着信がパソコンの画面に表示される

といったことができます。Microsoft製なので安心です。
Andoroidのみの対応です。

導入方法はそれぞれに
スマホ:「スマホ同期」アプリをインストール。
パソコン:「スマホ同期」は既にインストールされています。(windows10

設定方法詳細は:https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/sync-across-your-devices#coreui-banner-rv4agcs
に記載ありですが、抜粋は以下↓
 
PC
Android の両方が近くにあり、電源がオンであり、同じ Wi-Fi に接続されていることを確認します。

PC から開始する場合:

  1. タスク バーの検索ボックスで「スマホ同期」と入力し、結果からスマホ同期アプリを選択します。
  2. [Android] を選択します。
  3. Microsoft アカウントへのサインインが求められます。(デバイスをリンクするには、Android デバイスと PC の両方で、同じ Microsoft アカウントにサインインする必要があります。)
  4. サインインしたら、Android デバイスで管理アプリをインストールまたは開くよう求められます。このためには、Android デバイスで Web ブラウザーを開き、PC に表示されたリンクを入力します (aka.ms/yourpc)
  5. PC でサインインしているのと同じ Microsoft アカウントを使用して管理アプリにサインインします。アプリでスキャン用の QR コードが表示された画面が開きます。これは後ほど使用します。
  6. サインインしたら、PC に戻り、[スマートフォンにスマホ同期管理アプリをインストールしました] チェックボックスを選択します。次に、[QR コードでペアリング] ボタンを選択します。
  7. 注意: QR コードを使用せずにデバイスをペアリングしたい場合は、代わりに PC [ 手動でペアリング ] ボタンを選択します。Android デバイスで、PC に表示されたコードを入力するよう求められます。
  8. PC 画面に QR コードが表示されます。Android デバイスで、管理アプリのカメラが起動した画面が開きます。この画面を使用して、PC に表示された QR コードをスキャンします。
  9. デバイスがリンクされたら、Android デバイスにいくつかのデバイスの権限を求めるプロンプトが表示されます。これらの権限により、PC でスマートフォンのコンテンツにアクセスできるようになります。

以上です。一度設定するととても便利ですよ(^^)

2021.07.30

パソコンのスクリーンショットの話

画面を保存したいと思ったとき、皆さんどうやって保存していますか?
スマートフォンだったら、スクリーンショットをとると思いますが、
パソコンにもその機能があります。

キーボードにある「PrtSc」のキーを押すと、クリップボードに画面が保存されるので、
あとはペイントなどで張り付けると、画像として保存することが可能です。

…でも、ちょっと手順が多くて面倒ですよね。

Windowsの標準機能で切り取り&スケッチというのがあるのをご存じでしょうか。
こちらを使うとスクリーンショットの作成から保存まで、これ一つで可能です。

ちなみに、windowsキー + Shift + Sでも簡単に画面の切り取りが可能です。

ちょっと画面のメモを取っておきたい…そんな時に、ぜひこの記事を思い出してもらえたらと思います。

2021.07.28

この時期の気候で気を付けてほしいこと

この時期って結構雨が降りますよね。

酷い時だと雷もなっていますよね。

実はこれ、機械にとってはかなり危険な環境です。

落雷により過電圧になったり過電流になったりします。

そうなるとどうなるか。

機械は規定値以上の電流電圧は受け付けませんので、壊れます。

主に電源基板あたりが壊れることが多いです。

今回も先日の落雷によりコピー機の故障がありました。

落雷からの機械故障を防ぐために雷ガードといったOAタップを使用されるといいでしょう。

そうすることにより過電圧や過電流を防ぐことができ、機械の故障を防ぐことができます。

雷サージは様々なところから入ってきます。

あり得そうというところに雷ガード製品の取り付けをお願いします。

2021.07.19

最近のパソコントラブル

この一カ月で私の元にWindows10が起動しないという連絡が3件ありました。

内容としては「自動修復でpcを修復できませんでした」という表示が繰り返されて
Windows10が起動しないということでした。

結論から申し上げますと、結局どのお客様も復元が出来ずに
購入状態に戻す結果になっています。
特に最近Windows10の更新が頻繁に行われているので
そのたびに不具合が発生しているとの事です。

トラブルの解決方法としては日ごろからバックアップを取ることが一番の安全策ですので
バックアップを取ることをお勧めします。
バックアップの方法については弊社で様々なノウハウがありますので
お困りの際は連絡お待ちしています。

2021.07.16

ウイルスに感染しています!?

先日サポートさせていただいた、お客様で「ウイルスに感染した!?助けて!!」という内容がありました。
緊急事態だとすぐ現場に急行しました、そして結果が。。。。
 
広告詐欺!!

 
windows10
の機能でブラウザがedgeになってから右下に通知がでるようになっているのはご存知でしょうか。
edgeの設定→cookieとサイトのアクセス許可→通知で確認することができます。
そこに明らかに怪しい通知設定が、、、
 
それをブロックで今回は解決できました。

これはわからなければ、引っかかっちゃうなと思いました。
あたかもwindowsが言ってるみたいだったので。
 
皆様も怪しいなと思ったら一度通知の設定確認してみてください。

2021.07.14

雷が鳴っている時にパソコンはどうしたら?

梅雨の時期と台風シーズンに多いのが落雷によるパソコントラブルです。

先日も落雷によってパソコンが動かなくなった、ネットワークがつながらないetc,etcと連絡がありました。

なぜこのようなことになるかというと雷サージといわれる現象が原因です。
雷サージとは雷によって機器が耐えられない過電流、過電圧がながれる現象です。
雷サージは落雷地点から広範囲に影響を与える可能性があり、地域によってはこの時期頻繁に発生します。

対策としては様々ですがサージ対応コンセントや、UPS(無停電電源装置)、バックアップなども有効です。
上記対応ができていない場合はとりあえず雷が鳴っている間は
パソコンをすぐにシャットダウンして電源ケーブルを引っこ抜くと被害にあわずに済みます。

雷サージの対応はベンハウスまでお気軽にご相談ください。

2021.07.12

uniFLOWでクラウド連携

uniFLOW Online というサービスをご存じでしょうか。

Canonの複合機でクラウドサービスと連携させて使用することができるシステムです。
 
無償版ではではユーザーログインをすることで、そのユーザーに紐づかれた

メールとGoogleドライブに対しスキャンをすることができます。
 
無償版ではできることに限りがありますが、有償版では別のクラウドへの連携など幅が広がりますので、

興味ある方はcanonさんのホームページなど拝見してみてください。

2021.07.05

夏場の故障に注意、置き場環境のチェックを!

毎年夏場になると、パソコンの故障問い合わせが増えます。
これは、梅雨~夏にかけて、温度、湿度共にパソコンにとって過酷な環境に置かれるからです。
 
各メーカーが表示している適正な室温、湿度は、
室温は10~35℃
湿度は20~80% が多いです。

室温が適正であっても、パソコンの置き場環境をチェックしてみてください。

・ケーブルや周辺機器が密着していませんか?
・パソコンの本体と壁の間に10cm以上の隙間を空ける
・パソコンケースの吸気、排気口を、ファイルなどで塞がっていないか
・ファンの部分がホコリで塞がっていないか

など、これらをチェックしていただき、良い環境にしていただくだけでも、故障の確率が下げられます。ホコリは火事の元でもあります。

簡単なチェックでパソコンの故障を防ぎましょう。
そして、いつ何時故障が起こるかわかりません。大事なデータはバックアップを!

2021.07.01

再起動するとSMB1.0が無効になる!?

最近ちょくちょく耳にする、NASやサーバーへアクセスできなくなりました。と。
通常であれば、SMB1.0にチェック入れて再起動してくださいね、と案内するのですが
今回はその更に再起動するとまたチェックが外れてしまうという・・・?

現象機を確認すると、確かに再起動するとSMBが消えてしまう症状がでていました。
どうやらこれもWindowsアップデートしてからの様子。

ところがシステムの復元をしても、KBのアップデートパッチを削除しても直らない不思議?
結局、21H1に更にアップデートする事によって直りました。  なんだったんでしょうねぇ

2021.06.28

パソコンのファンがうるさいと相談をされた話

先日お客様に「なんかパソコンのファンがうるさいんだよね」と
相談を受けました。
パソコンの内部にはいくつかファンがありますが、プログラムがたくさん動いたときに
ファンファン音がするのは、基本的に内部にこもった熱を外に逃がすため。すなわち、
パソコンの内部が熱くなっていますよ!という証拠でもあります。

直射日光や、熱に非常に弱いパソコンさんですが、そのお客様は直射日光を避けて机の下(足元)に
デスクトップのパソコンを置いていました。

では、なぜ音がうるさかったのでしょうか。
原因は、机にパソコンをぴったりとくっつけていたので、本体横にある排気口から
熱が逃げていけない状態になっていたためでした。
よって熱が逃がせず、ファンだけが一生懸命回っているという状態だったようです。

机から少し間をあけて空気の逃げ道を作ってあげたら、ファンの回る音もだいぶ静かになりました。
ファンの音がうるさい原因として、ほかにも埃やごみで排気口がふさがっている…などもよくあるパターンです。
パソコンや周りを清掃すると、パソコンの寿命も長い傾向にあります。
内部は難しくても、ファンの周りや、電源周辺など少し清掃してみるといいかもしれません。

2021.06.25

PCファンが爆音、その原因は…

皆さんパソコンの 皆さんパソコンを使っててすごいファンの音したことありませんか?

特に負荷もかかってないのにという時もあると思います。

原因としては複数あります。

特に負荷をかけていないときにファンが高回転で回っているときは

裏で動いているソフトがある時です。

主によくあるのがWindows Updateです。

これは意外とパソコンに負荷がかかっています。

次にあり得るのが、機内にホコリなどごみがたくさんある場合。

この場合は冷却性のが下がっていますので、機内清掃で落ち着く場合があります。

これでもない場合、その場合はパソコン自体が壊れている場合があります。

高回転でパソコンのファンが回っているということは冷却が追い付いていないときが多いです。

そのまま使用し続けるとパソコンが壊れる原因にもなりますので、

気になったタイミングでぜひベンハウスにお声がけください。

実際ベンハウス社内のPCもこの現象が起きました。

CPU速度がおかしいことになっていたので、この場合はパソコンが壊れていました…(笑)

2021.06.16

windows10のサポート終了予定がでました

2021624日に「次世代のWindows」の発表を控えているMicrosoftが、Windows 10 HomeおよびWindows 10 Proのサポートを2025年に終了することを正式に発表しました。
 
あれ…windows10が最後のwindowsじゃなかったっけ…と思いつつ

新しいOSが楽しみな反面不安もたくさんあります。
 
ただでさえ、windows10のアップデートでこんなに四苦八苦している状態もあるので...
 
因みに終了の予定日は20251014日です。

windows7の時もそうでしたが、ギリギリになるとパソコンがどんどんなくなっていきます。
まだ少し先の話ですが予定をしておきましょう。
 
何はともあれやっぱり新しいものは楽しみです。
windows11がでるのか、完全に名前を変えた新OSがでてくるのか、次世代な感じのOSを期待したいですね!!

2021.06.14

パソコンの熱中症に注意

 梅雨はまだあけていませんが晴れの日も多くなって真夏日を記録する日も出てきました。

  
この時期によく相談があるのがパソコンからすごいファンの音がするけど大丈夫?という相談です。
結論から言いますと大丈夫じゃないです。

パソコンのファンが高速回転しているのはパソコン内の温度が高くなっていて
何とか温度を下げようと頑張っているからです。

一般的にパソコンの中のHDDは50度、SSDは70度以上になると
故障する可能性が非常に高くなります。

室内の気温を調整していただくのはもちろんのこと、
パソコンの通風孔を塞いでいないか?
直射日光が当たる場所や空気の流れのない密閉空間にパソコンを置いてないか?
といったことに注意していただきたいと思います。

上記条件以外でもパソコンのファンが高速回転することがありますが
何らかの故障の兆候ですので気を付けていただきたいです。

 

2021.06.07

ランサムウェアの驚異

5月8日、米国で最大の石油パイプライン企業がランサムウェアの攻撃を受け、操業を停止しました。
東海岸最大大手の同社は、東海岸で消費される石油の45%ものシェアを持ち、米国政府は緊急事態を宣言しました。
この攻撃により石油の供給が断たれた東海岸では、ガソリンの価格が急騰し、恐慌状態が引き起こされました。
その後5月13日に操業は再開されましたが、事態の解決の為に、440万ドル(4億8000万円)の身代金を支払ったと、同社のCEOが明かしています。

また、同15日には大手保険・金融グループのAXA(アクサ)がランサムウェアによる攻撃を受けて、契約者の医療情報や銀行口座情報などの個人情報を含む3TBものデータを盗み出されたことが明らかになりました。
盗み出された情報には、医療情報や銀行口座情報、パスポートなどの身分証明書といった契約者の個人情報が含まれるとのことです。

更に同31日に、ブラジルを拠点とする世界最大手の食肉加工業者・JBSがサイバー攻撃遭い、アメリカ・カナダ・オーストラリアのシステムを停止したことを発表しました。
JBSは世界最大の食肉業者であり、この攻撃によって牛肉の価格が一時的に100倍以上に跳ね上がる等の混乱が生じました。
この攻撃もランサムウェアによるものであり、身代金の要求があったと発表されています。

2021.06.04

メールの宛先の種類で情報流出!?

メールを受信した際に、他の人のアドレスがずらずらと見えてしまっていて不快な思いをされたことは有りませんか?
今回は、宛先のTo/Cc/Bccの違いについてです。


◆メールソフトの宛先欄に「To」「Cc」「Bcc」とありますが、それらの違いをご存知でしょうか。

複数の宛先に送る際に、ご注意いただきたいことがあります。
知っている人には何でもない話なのですが、知らずに使っているとメールアドレスを漏えいさせてしまう事にもなります。 

通常、「To」で送りますよね。
To」は、「あなたに送っています」と捉えてください。原則として1名しか入れません。
Cc」は、「「To」の人に送っていますが、見ておいてくださいね」という感じで、情報共有の為に使用されます。
Bcc」は、他の受信者にその人のアドレスが見えません。また、Bccに複数の宛先を入れると、その受信者のアドレスはお互いに見えません。

よって、一斉送信の際に用いると、他の方のアドレスが丸見え、という事態を防げます。

以上To/Cc/Bccの違いについてでした。

2021.06.02

プロバイダさんのトラブル

先日、無線LANがプチプチ切れますと相談をいただきました。
調査にお伺いしたところ、確かに切れる。 しかも IPhoneだけ・・・?
まぁ無線APの故障かなと機器交換してみたんですが、やはりIPhoneだけが切れる状態!?

ルータか、はたまたIPhone自体の問題か?
色々調べるも原因が特定できないまま時間だけがすぎてゆく・・・。

まさかと思いつつもプロバイダWAKWAKネットさんに相談したところ、弊社設備とIPhoneのアップデート後の
設定がうまく自動認識してくれないとの事。 解決は手動でDNSを入力してください・・・と。

なんと面倒なことに! 
解決をご説明させていただきましたが面倒なのでO●Nにでも変えて、との事で変更して無事問題解決にいたりました。

どこもV6対応やらで設備やりかえてトラブル多発しているようでもあります。
心当たりがおありでしたら、大元にご相談いただくことも必要かもしれませんね。

2021.05.31

困ったポップアップの話

 「最近、右側のメニューにウィルスが入ったとかって通知が来るんです」
という話をよく耳にするようになりました。
よく聞いてみると、右側のポップアップに(インストールしていない)マカフィーからウィルスを発見しましたやら、
Windowsのシステムエラー!やら通知が複数来ていました。

これはウィルスの類かな…と思いながら、
表示されていたドメインを検索かけてみたらどうやらそのようです。


対処方法は
①Google Chrome右上の…ボタンから、設定を開く
②左のメニューから”プライバシーとセキュリティ”を開く
③「サイトの設定」>「通知」
④「許可」リストに入っている(右側のポップアップに表示されているものと同じ)ドメインをブロック

悪意あるリンクなどを検索時に踏んでしまうことによってリストに入れられてしまうようです。
もし困っている方がいらっしゃったらぜひ試してみてください!

2021.05.28

パソコンの画面がチカチカ・・・

 デスクトップパソコンでモニターがチカチカしたことってありませんか?

チカチカというのは点いたり消えたりという現象だったりします。

原因としては2つ挙げれますが、一般的に考えられるのは1つだと思います。

主に考えられる原因はパソコン本体とモニターを繋いでいるケーブルです。

こちらの接触不良や断線により画面がチカチカする現象が起きます。

ケーブルを変えて直ることもありますが、これでも直らない場合はモニターの故障が考えられます。

もう1つの原因はパソコン側のグラフィックボードの不具合です。

一般的にはオンボードのもので動かすのであまり考えにくいですが、

CADなどを触る場合はグラフィックボードを増設していることがあるので、

そちらの不具合により起こることがあります。

そういう場合はドライバの入れ直しなどで直る場合がありますが、

これで直らない場合はグラフィックボードが壊れているという可能性があります。

切り分けが難しいところではあるので、気になる点がありましたら、ベンハウスまでお声がけください。

2021.05.24

IWデスクトップの活用法

コロナ禍でテレワークなどPCでの作業が以前より増して多くなっていると思います。

その中「image WARE デスクトップ」というデータの管理・編集ソフトのご導入が増えております。

本日はあまり知られていない機能で「差し込み印刷」をご紹介します。
差し込み印刷は印刷のレイアウトはそのまま一部の文書だけを差し替えて印刷する機能のことを指します。
DMなどの宛名だけ変える際に使用されることが多いです。

ここだけではすべて説明出来ないので、説明用のリンクをつけておきますので、ご興味ある方はご確認下さい。
 
差し込み印刷設定モードの起動と終了 - Canon - imageWARE Desktop Version 4.3 -

2021.05.17

Windowsアップデートで共有フォルダにつながらなくなる

お客様からのヘルプでよくあるのがサーバーやNASの共有フォルダに
つながらなくなった、またはスキャンができなくなったというものです。

 
これは実はWndowsアップデートが原因ということが多いです。
 
Windows
のアップデートは定期的に毎月第2水曜日に配信されます。
もちろんこれ以外にも何か問題が見つかった場合などは
緊急アップデートもあるのですがとにかくに月1回は必ずあります。

問題はアップデート時にマイクロソフトがセキュリティの設定を
勝手に変更してしまうことがあるということです。

こまかい説明は省きますがこの変更によって必ずというわけではないですが
共有がつながらなくなることがあるので毎月第2水曜日以降は注意が必要です。

2021.05.10

無線LANについて

無線LAN(Wi-Fi)、便利ですね。
特に最近は、ノートPCやタブレットの需要が増え、無線LANを導入されている事務所も増えてきました。
アクセスポイント(無線LAN機器)も手軽に導入できるものが増え、5GHz帯と呼ばれる高速な通信もかなり普及してきており、お客様ご自身が導入されることもあるかと思います。

基本的にはそのまま導入していただいて問題ないのですが、いくつかのケースにおいて気をつけるべき点があります。
事務所が広かったり、複数階に渡っている場合、アクセスポイントが1つでは電波が十分に届かない場合があります。
この場合、2台以上のアクセスポイントを設置する場合が多いのですが、この際に気をつけていただきたいのがIPアドレスの競合電波干渉です。

2021.05.07

情報流出:メールの誤送信にご注意

 情報流出の原因は円グラフのように1位「紙媒体」 2位「インターネット」 そして3位に「メール」と続きます。

 
今回はメールについて。
------
皆さんは、メールの宛先として「gmail」へ送信されたことがあると思います。
 
今回は、メールによる情報流出「gmai.com」への情報流出にご注意下さい。
というお話。「え?」 と思った方、
「gmai.com」です。
「gmail.com」ではありません。 「l(エル)」がないのです。
 
通常、宛先間違いであればエラーメールが返ってきますが、
なんとこの宛先、あらゆるアドレスの、「~@gmai.com」で送ったメールが受信されてしまいます。
なんの目的かはわかりませんが、こちらへ誤って機密文書を送ってしまう事例があります。
 
送信してしまったメールは取り消すことができません。送信前は指差し確認等、くれぐれもご注意下さい。
 
また、送信時にメールを一定時間保留させるなどの対策もできます。
ご相談はベンハウスまで。
 

2021.04.28

SSD換装のはなし

先日パソコンが重くてもう限界!というお客様の元へSSD換装に行ってきました。
「今までは起動してから安定するまでに10分から1時間はかかっていて…」
とのことでしたが、換装してメモリも増設したところ起動は1分弱でソフトの稼働もサックサクに。
※換装によって起動速度がどれくらい早くなるかは個体差があります。

今まではストレスをためつつも、決断できずにいたとのことでしたが、
「こんなことならもっと早く替えておけばよかった…!」とおっしゃっていました。

「パソコンの起動してくる待ち時間を考えれば、アッという間に換装にかかった費用の元は取れそう!」と、
お客様もニッコリな案件でした。

ちなみに、SSDはハードディスクとは違い電子的に書き込みをしているため、データが飛んでしまった場合は
復旧がHDDよりも難しくなります。場合によっては不可能と言われることもあります。

そのため、本体だけにデータを残すことはせずに、バックアップはしっかりと。別媒体にもとるようにしましょう。
(HDDでもバックアップはしっかりとる必要はありますが)

パソコンが重くって頭を抱えている方、いつでもベンハウスにご相談くださいね!

2021.04.26

パソコンが起動していないと思ったら…

皆さんもこういうことありませんか?
パソコンの電源を入れたのに何も映らないってこと。

実際こういうトラブルで呼ばれることがよくあるんですが、
実は自分で直せるトラブルかもしれません。

この映らないというのはデスクトップアイコンで本体とモニターが別の場合のみ考えられます。
まず、モニターの電源ランプが光っているかどうか確認してください。

光ってなければ電源ボタンを押してみてください。
もしこれで映れば電源が入っていなかっただけとなります。

もしここで電源ボタンを押しても反応がないという場合ですね。
モニター後ろに電源ケーブルが差さっています。
こちらをさしなおすを電源が入るかもしれません。

実際、電源ケーブルが抜けかかっていてモニターに電源が供給されていないというケースが多いです。

また、電源はしっかり入るけど映らないという場合は、パソコンとモニターに繋がっている映像ケーブルを
確認してみるのもいいかもしれません。

ここの接触が悪いだけでも映らなかったり、映っていても映像にノイズが乗ったりします。

映らないと思ったときはまずケーブルや電源の確認をしてみてください。
それでも直らない場合はベンハウスまでお問い合わせください。

2021.04.21

設定おまかせサポートサービスについて

最近Windowsのアップデートにより印刷の不具合やスキャンの不具合

またテレワークによるPC増設でのPCの設定のご依頼が増えてきています。
 
カウンター保守にてご契約のお客様は機械本体の修理をするハード保守は対象になりますが、
今回のようなPCやネットワークの不具合や設定などの保守は対象外となります。
 
とは言うもののトラブルの場合は中々どちらが原因であるかの切り分けは難しいものと思われます。
 
そのような時の為に「設定おまかせサポートサービス」をご契約頂ければ、ある程度の切り分けや復旧作業を行えます。
 
スポットによる作業であれば ¥15,000~ になりますが、
こちらのサービスであれば 月額¥2,000 にてサービスの利用をして頂けます。
 
PC作業やインターネットが必須となっている昨今ですので、是非こちらのサービスのご導入をご検討下さい。

2021.04.19

作業対応中にブルースクリーン

 先日複合機のメンテで訪問した際

丁度お客様のパソコンがフリーズする事案が発生しました。
ブルースクリーンと呼ばれるものです。
原因としてはディスプレイを表示するために必要なプログラムのエラーということが判明しました。
(ドライバと呼ばれるものです)
その時解決した手段がBenHouse ITサポートという私たちがお勧めしているサービスでした。
訪問したお客様がちょうどこのサービスに加入していたお客様だったので
スムーズにパソコントラブルが解決しました。
 
ベンハウスではこのようなPCトラブルに対してサポートができますので
お困りの際は弊社まで連絡お願いします。
BenHouse ITサポート
https://www.benhouse.co.jp/it/

2021.04.16

世界に通ずる万能営業マン

コロナの影響でテレワーク等様々な変化が必要とされている昨今

色々な業種で様々な取り組みが行われていると思います。
 
その影響もあり最近以前に増して需要を感じるのが、ホームページです。
お客様でも「10年前に作ってそのまんまやわー」や「更新のやり方わからなくてほったらかし」と言った声をよく聞きます。
 
せっかくのホームページです、有効活用しない手はないですよ!
販促、求人、会社紹介なんでも1つでできてしまうスーパーツールです。
 
ベンハウスでは制作はもちろん、その後のアクセス解析や集客のアドバイスなど様々なサポートもできます!!
 
もし、今ホームページがない方、作ったけど有効活用できていない方
一度ベンハウスへご相談ください。
 
お客様に合ったホームページ運用をサポートさせていただきます!!

2021.04.14

パソコンが遅い、その原因は?

よく最近パソコンが遅くなったと相談を受けることがあります。
原因はさまざまありますが1つの目安としてパソコンの使用年数があります。 

法的に耐用年数を考えるとサーバー用途パソコンは5年、それ以外は4年、
これはOSHDDの寿命からしても3~5年なので妥当な年数だといえます。 

もちろん1日1時間程度しか使わないパソコンと
24時間つけっぱなしのパソコンでは消耗度が違うので
使い方によっては10年使ってるけど大丈夫という例もあります。 

しかし、一般的に3年超過のパソコンは部品の故障が原因で遅くなることが多いです。 
パソコンが遅くなるということは故障の兆候である可能性もあるので
完全に壊れてしまうまでにデータのバックアップをお勧めします。

また遅いパソコンを我慢して使い続けることは業務効率が非常に悪いです。

長い目で見ると新しいパソコンを購入するほうが得になる可能性もあります。

いつもより極端に遅くなったというときには一度ベンハウスまでご相談ください。

2021.04.06

パソコンの動作をサクサク快適に(SSD換装)

 「パソコンの動作が全般的に遅いんだけど」といった相談をよく受けます。
パソコンを買った当初はそうでもなかったのに、しばらく経つとパソコンの起動に時間がかかったり、エクセルやワード、各種ソフトの起動に時間がかかったり、、、 
 
今回は、これらを解消できる、ハードディスクからSSDへの換装の話です。 

パソコンの内部には記憶装置として、「ハードディスク(HDD)」や「Solid State Drive(SSD)」が入っています。 
パソコンは動作をする時に、この装置にデータを書き込んだり読み出したりしています。 
動作が遅いパソコンは、大抵「ハードディスク」のパソコンです。このハードディスクをSSDに換装すると、CPUなど他のスペックにもよりますが、ほとんどの場合で起動などの動作速度が「倍以上~2/3位」になります。 
数万円でできる費用対効果として、これは抜群に良いです。 
「新しくパソコン買わないといけないと思ってたけど、これでまた使える!」などと言われることも。 
 
ハードディスクの
SSD換装、オススメです。

2021.03.26

エクセルの印刷範囲の話

お客様が、エクセルで上手いこと印刷範囲を1枚に収めたくて四苦八苦していると相談されたことがあります。
空白を作ったり、文字を小さくしてうまく1枚に入れられるように頑張ってるという方必見の記事かもしれません。

実はエクセルには、”改ページプレビュー”という機能があります。
バージョンによって少し違いがあるかもしれませんが、

表示タブ>ブックの表示グループの中にある、改ページプレビューという機能です。

試しに、普段使われているデータを開いて頂いて、改ページプレビューボタンを押してもらうと、わかりやすいかと思います。
グレーのエリアが印刷されない部分。
1ページと書かれたエリアが1ページ目で印刷される部分になります。

青い点線は多少でしたら動かすことが可能なので、文字を調整せずとも、
この線を動かせば、印刷範囲の調整が簡単に可能になります。

もしお困りの方がいたら、ぜひ試してみてください。

2021.03.24

無線接続しているPCからNASが見れない

先日NASが見れなくなったという連絡をいただきました。
そちらのお客様はスキャンデータやFAXデータをNASに保存していたため、
開けなくなると業務に支障が出るという事で対応させていただきました。


今回見れなかったPCが無線接続しているものでした。
有線接続している分からは見れていましたのでそこから切り分けを行いました。


今回怪しいと疑った点は2つです。
1つはHUB、もう1つは無線APです。


HUBに関しては特に変な配線もされておらず問題はありませんでした。
次に無線APを確認しましたがぱっと見はインターネットに繋がっているので
問題がないように見えました。


しかし、これで接続しているPCのみがNASに見れないってことでしたので再起動してみました。
結果としては変わりませんでした。
またNASにPingを飛ばしてみても返事が返ってきません。


このことより無線APが壊れていると判断しました。
代替えがなかったため、ノートPCを有線接続に変えたところ無事にNASが見れました。


無線APは年数が経ってくると目に見えない部分が壊れているかもしれません。
また、セキュリティのレベルが昔のため安全性も低くなっております。
無線接続のネットの調子が悪いなどのことがありましたら、ぜひベンハウスまで。




2021.03.17

コピー機の不具合かと思ったら

先日複合機のメンテ依頼で訪問しました。
症状としては白く色が抜けるとの事でした。
いざ訪問してみると、複合機のほうには何の問題もありませんでした。
白く抜ける現象はパソコンからの出力のみで発生していました。

しかもお客様の全部のパソコンではなく特定のパソコンのみで発生しました。
複合機のメンテの範疇ではなかったので
その時はお客様のほうで調べるということで帰還しました。

今週になり、不具合の原因はマイクロソフト社のアップデートによる不具合ということがわかりました。
KB5000802 / KB5000808という2つの更新によって不具合が起こることが確認されています。
白く抜ける現象を直すにはこの2つの更新のデータをアンインストールする必要があるようです。 

近年マイクロソフトのアップデートによる様々な不具合によって
お客様の作業に支障が出て、ベンハウスに多数の問い合わせが来ています。
ベンハウスではこのようなPCトラブルに対してサポートができますので
お困りの際は弊社まで連絡お願いします。
 

BenHouse IT
サポート
https://www.benhouse.co.jp/it/
 
 
KB5000802 / KB5000808 に関しての
マイクロソフトからの技術情報
https://support.microsoft.com/en-us/topic/march-9-2021-kb5000802-os-builds-19041-867-and-19042-867-63552d64-fe44-4132-8813-ef56d3626e14
※英文です

2021.03.15

リモートワーク特有のトラブル

リモートワークが増えて在宅で仕事されるお客様が増えてきました。
お客様で会社にネットワークが繋がらなくなるという問い合わせが毎週のようにあります。
原因が会社なのかご自宅なのか…なかなか解決までに時間のかかる問題になる場合が多いです。
 
そこで、ベンハウスではリモートサポートを活用してお客様の端末に直接アクセスさせていただき修理作業をさせていただきます。
お伺いするための時間が短縮できるため復旧をより素早く行うことができます。

日々変化するニーズに対応するためベンハウスでは様々な取り組みをしています。

2021.03.12

送ったメールが文字化けしています

 とあるお客様から送ったメールが文字化けしてしますと相談がありました。

 

メールの文字化けというとよくあるのが文字コードの問題やOUTLOOKの不具合ですが
今回はどうやらそのどちらでもないようでした。 

そのお客様が送ったメールで文字化けしたものを返信していただくと
最初の文は特に問題ないのに途中から文字化けしていることに気が付きました。 

送った文と見比べるとローマ数字のII(2)の部分から文字化けしています。

これは環境依存文字の文字化け問題ということです。
最近環境依存文字を使っても文字化けしないことも多いのですが
このお客様の送った先のメールアドレスはYahooメール。
 
Yahoo
メールは環境依存文字に対応していないということを明言しているので
送った文のローマ数字に対応できず文字化けしていたということです。

最近の文字変換は優秀なので変換の時に環境依存文字の場合は表示があります。
メール際には意識して環境依存を避けるほうがトラブルが少なくなります。

2021.03.05

パソコンの電源を入れたらブルー画面で立ち上がらない

近頃、「パソコンの電源を入れたら、ブルー画面から再起動を繰り返して、起動しない」というご相談をいくつかいただきました。
原因は様々ですが、特に最近多いのが、セキュリティソフトがWindows10のバージョンに対応しきれておらず、Windowsのシステムファイルを巻き込んでクラッシュしてしまうという現象です。

OSが起動しない以上、プログラムからセキュリティソフトをアンインストールするのも不可能です。(技術と根気があれば、DOSから無理やり削除も不可能ではありませんが)
OSのロールバックや、場合によってはデータを救出してからの初期化をする必要があります。

上記のような症状が出た方は、遠慮なく相談してください。

2021.03.03

お客様での業務改善サポート例の紹介です

行ったことは小さなことですが、

お客様にとっては大きな効果でした。 
 
◆お困りごと:

お客様(お客様のお客様)からの注文システムが1つのパソコンでしか使えず、
そのシステムが使えるパソコンを他の人が使用されている時は受注業務ができないというもの。
 
◆解決:

実際の業務を確認させていただくと、インターネットのWEBページにて、ユーザー名とパスワードでログインすれば、どのパソコンからでも使用できるものでした。
別のパソコンにもそのWEBページを「お気に入り」に登録し、複数台で受注業務を行えるようになりました。
 
◆上記のように、昔からの業務でも、つぶさに確認すると、思わぬことで業務が滞っている場合があります。

 

トラブル以外の業務改善でもベンハウスはお役に立ちます。

2021.03.01

アップデートによるNASへのアクセス不具合

 

アップデートによってNASにアクセスできなくなる事例をよくご相談頂いてます。
Proならグループポリシーから設定解除ですが、HomeEditionだとレジストリの変更で解決できます。

2021.02.26

Cドライブの容量の話

最近お客様に、Cドライブがどう頑張っても容量が減らせないと相談されました。

中身を見せてもらいましたが、
デスクトップや写真データ、ドキュメント内のデータなどほとんど入っていないのに、Cドライブのメーターは真っ赤。
おまけにその方は、クリーンアップをしても解決しない…と悩んでいました。

よくよく中身を調べてみたところ、iphoneのバックアップが原因だったことが判明。
(しかも、そのフォルダ自体は隠しフォルダになっているので、簡単には見つけにくい場所に入っていました!)
itunesのバックアップって、icloudかパソコン本体にとれるか、選択できるようになっています。
パソコン本体に残す設定にしている方は要チェックです。

一度のバックアップでも、結構な容量がとられるので、複数回残していると余計に容量を圧迫…なんてことになりかねません。
真っ赤なCドライブに頭を抱えている方は、itunesのバックアップを確認してみてくださいね。

2021.02.24

Wordでページ指定すると印刷ができないトラブル

 先日こういった内容のトラブルがありました。

「特定のパソコンから印刷をかけると出ないんです。」という連絡が来ました。
伺って見てみると、普通に印刷はできる状態でした。

では何が印刷できないのか?となりました。
特定のWordのファイルが印刷できないという風に伺いました。
お客様は特定のページだけを印刷したいようで、ページ指定をしていました。
1ページ目のみを印刷をかけてもなぜか出ません。

原因を探ってみると意外なところがおかしかったんです。
実はWordにはページ番号が振ってあります。
左下に出ているのはトータルのページ数と今のページ数が表示されています。
それとは別にページ番号というものが存在しています。
で、今回出なかったお客様のWord文章は全部で3ページありました。
1ページ目のページ番号は「0」となっていました。
2ページ目のページ番号は「30」となっていました。
これが原因でページ番号の指定で印刷が出なかったというわけです。
ページ番号の設定を正しいものに戻すとちゃんと印刷ができました。
ですので、しっかりと設定を見てみることも大事です。

ページ番号の確認方法ですが、
「挿入」→「ページ番号」→「ページ番号の書式設定」で確認できます。
もしページ指定して思っているページと違うものが出てきた場合は確認してみるといいですよ。


2021.02.12

Windowsアップデートトラブル

Windows はセキュリティの都合などで定期的にアップデートされます。

アップデートしないサポートを受けられない等のデメリットが多くあり、
インターネットにつなぐ場合はアップデートしないという選択肢は取れません。

しかし、このアップデートがやっかいで実行するといろいろなトラブルが起こります。

よくあるのはスキャンが飛ばなくなった、共有が見れなくなったというもの。
これはアップデートによってSMBや共有設定のセキュリティが変更されるためです。
設定変更を戻せば特に問題ないので比較的簡単に解決できます。 

それより厄介なのがWindowsが起動しない、起動の途中で止まってしまった、
アップデートが終わらないという問題です。

実は大きなアップデートの場合、スペックにもよりますが3~4時間程度時間がかかることもざらにあります。
したがってこの状態の場合、何かの問題で止まったのか本当にアップデートの途中なのか判断がつきません。
もし、こんな状態になってしまったらまず半日程度は様子見てください。
強制的に再起動することもできますがアップデート途中での強制終了はシステムが壊れて
本当に起動しなくなる場合もある上に、アップデートの途中であった場合、
最初からやり直しの可能性があるので覚悟を持って実行する必要があります。 
 
Android
やアップル系でこういうトラブルってほとんど起きないので
マイクロソフトさん、このへん本当に何とかしてください。

2021.02.10

ブラウザの起動時の検索サイトが変えれない!

先週「何かアップデートして下さいと出たのでアップデートしたら、Microsoft EdgeとGoogle Chromeのトップ画面がYahoo!から「E START」ってやつに変わってしまった。」というお問合せがありました。

 
電話でブラウザの起動時の設定を変えて頂くようにご説明したお伝えしたところ、「変わってないで?」とご返答
 
調べてみると…
無料のソフトをダウンロードした際に一緒についてきて、トップ画面や検索エンジンの標準を変更してしまう常駐ソフトのようで、
プログラムのアンインストールをしないと常に「E START」に変わってしまうソフトだそうです。
 
お客様に必要でない事をご確認してアンインストールを行ったら、無事Yahoo!に戻すことが出来ました。
 
自分も初めて聞くソフトだったので勉強になりました。
 
Windowsのアップデートなどもあり色々ややこしいですが、変なアップデートの表示にはご注意下さい。

2021.02.05

ウェブ会議のためのインフラ

コロナ禍の外出自粛、密を避けるためにウェブ会議(zoomやteamsなど)を導入された企業様も多いと思います。
ベンハウスにも多数の相談が寄せられています。

さて、このウェブ会議。当然ですが通信容量を大量に使います。ウェブ会議をしている最中は、常に映像と音声のやり取りがあります。Youtubeを見ているのと同じことですね。
そうなると、当然通信環境に大きな負荷を掛けてしまいます。

もしウェブ会議中に、通信が遅くなる、インターネットが切れる、音声が途切れる等があればご相談ください。
これは社内で使用しているルーターやセキュリティ等の機械が原因のこともありますし、パソコンのスペックの問題かもしれませんし、インターネット回線そのものが原因の場合もあります。
原因を特定して取り除かなければ、快適なウェブ会議環境は構築できません。

実際に、上記のような相談を請けて原因の調査をしてみると、プロバイダが原因でインターネットが遅かったということもありました。
なかなか気づけない部分だと思います。

2021.02.01

ネットワークのarp検知

セキュリティ機器によるarp検知で、ネットワークがブロックしてしまう時があるというご相談がありました。

APのシステムログを確認すると確かに1台、arpによるブロックの履歴が。

検知内容は後程確認するとして、セーフリストに該当機を登録。

無事、切断されなくなりました。

2021.01.29

パソコンの容量の話

 先日Officeが立ち上がらなくなったという問い合わせでお伺いしました。
色々調べてみたところ、Officeの更新をするための容量が本体側に不足しているという状態。
通常、パソコンのCドライブの中にはWindowsのシステムや使用しているソフトなどの情報がたくさん入っています。
そして、更新が発生するとCドライブの中のデータが増えることもあります。

普段使っている、デスクトップやマイドキュメントなどもCドライブの中に含まれているため、動画や写真などで容量があふれてしまうと
WindowsやOfficeなどのソフトに影響が出ることもあります。
もしDドライブや外付けハードディスクがある場合はデータをそちらに保存したり、容量に余裕をもって使用されることをお勧めします。
併せて、不要なデータの削除も適宜しておくとよいかもしれません。

2021.01.20

なくなったデータが復活!?

 日々サポート活動をさせていただいているとよく聞くのが

USBのデータ間違って消しちゃった…
SDカードの◯◯のデータなくなっちゃって
など保存媒体の中のデータがなくなってしまったというのをよく聞きます。
今回、それを復元できないかと言う問い合わせをいただきました
 
結果的に約半年前までのデータが無事復活しました。
 
あなたの消えてしまったデータ諦める前にまずベンハウスにご相談ください。
もしかすると帰ってくるかもしれませんよ…!!

2021.01.15

IEでPDFが印刷できない!

 Internet Explorer(IE)で印刷ボタンを押せない。というお問合せを頂きご訪問致しました。

 
私も初めて見る症状でしたので、チーム員のパソコンサポーターに熱烈なSOS電話をしたところ
急ピッチで調べてくれました。
さすが頼りになりますね。
 
結論から言うとIEの不具合だそうです!
 
最近はmicrosoft edge を使用していたので気付きませんでしたが、最近良く起こっている症状だそうです。
とりあえずIEのPDFのアドオンを無効に変更し、ブラウザ上ではなくAdobe readerを起動しPDFを開くように設定!
この症状でお困りの方はIEのアドオン設定の変更をお試し下さい。
 
「設定方法」
右上の歯車マーク > アドオンの管理 > 表示の 「現在読み込まれているアドオン」を「すべてのアドオン」に変更 >
「Adobe PDF Reader」 の「状態」を (有効) から (無効) に変更 > 閉じる 完了

2021.01.13

テレワークやっていますか?

再び緊急事態宣言が出されました。
新型コロナ第三波を抑え込むために、不要不急の外出の自粛が要請されています。

政府は、出勤者数7割減を目標として、夜8時以降の外出自粛を要請しています。
これにより、外出せずに仕事ができるテレワーク、在宅ワークを強力に推し進めるとの発言もありました。

昨年の第一波のときに急激に高まったテレワーク、在宅ワークの需要ですが、そのときに準備が間に合わなかった方もいらっしゃるかと思います。
テレワークや在宅ワークをすすめるには、それ自体の仕組みも必要ですが、セキュリティ面も考えていかなければいけません。

準備がまだ出来ていない、セキュリティが不安だという方は、ご遠慮無くお問い合わせください。

2021.01.08

USBメモリでのデータ保管に注意

USBメモリは今や千円足らずで購入できて、簡単に使えるので、
データの保存やバックアップ用に使用されている方も多いと思います。 
 
ところが、このUSBメモリ、突然データが消えることがあるってご存知でしたか?

 
結論から申し上げるとUSBメモリはデータの長期保存には全く向いていません。

これは、構造上、データの保持期間に限界があるからです。
 
USB
メモリは、メモリチップ内部に電子を保持して情報を記録しています。
しかし、乾電池が自然放電するように、保持した電子が少しずつ漏れ出すので、
無通電の状態が長期間続くと記録した情報を保持できなくなります。 
 
また、静電気などが原因となりデータが消えることもあります。
 
 
ですので、USBメモリはあくまでデータの移動用と割り切って使用するべきです。

 
くれぐれもご注意ください。

  

◆ここで、「バックアップの321ルール」を紹介します。
これは、
 
3: 大切なデータは複数コピーして3つ持つ

2: 2種類の異なるメディアでバックアップを保存する

1: バックアップのうち1つは違う場所で保存する
  
のルールに沿ってバックアップを行えば良いというものです。 
ご参考になれば幸いです。

2021.01.07

Flash Player 終了

2020年12月31日をもって遂にFlashPlayerが終了になりました。

数年前にホームページをお造りになった方は、更新大丈夫でしょうか?

新しいブラウザで大切なホームページが崩れてみえてしまうかも知れませんので、お早目に。

2020.12.28

ネットワークの不調について

 「ネットワークが時々切れてしまう」というお客様へ、本日サポートにお伺いしました。

いろいろ調査してみた結果、IPアドレス(ネットワーク上の住所のようなもの)が
ルーターとプリンターで重複していたのが原因でした。
 
IPアドレスが重複すると、宛先のない郵便物のようにネットワーク機器たちも迷子になります。
それによって、LANケーブルで接続しているプリンターから印刷できなくなったり、インターネットができなくなったり…
等、のトラブルが発生することがあります。
 
新しい機械を増やすとき、新しいルーターに入れ替えた時。
前と同じように繋いだはずなのに、なぜかうまく使えない!というトラブルは頻繁に発生します。
困った際はいつでもご相談ください。

2020.12.23

結露で画像不良

最近コピー機の印刷した画像がぼやける・薄いなどの修理依頼が多くなりました。

部品の劣化などの原因もありますが、この時期に多いのは気温の温度差による結露です。
 
ほとんどのコピー機には除湿ヒーターが設置されていますが、夜間主電源を切っておくとヒーターが起動せずコピー内部の温度も下がってしまいます。
朝暖房をつけて温度が上がると、コピー機内部に水滴が発生してしまい、おかしな画像が印刷されてしまうのです。

節電モードもあるので、夜間も主電源はつけたままでいる事をお勧めします。

2020.12.16

ブラウザ何使いますか?

 みなさんが一番使われているであろうインターネットエクスプローラーですが、実はだんだん非対応のサイトがでてきてます…

例えばApple、Twitter、YOUTUBEなどなど恐らく今後どんどん増えてくると思われます。
そこでよく使われている乗り換え先を2つ紹介させていただきたいと思います。
 
・Microsoft Edge
マイクロソフトが提供している最新式のブラウザです。
特にこだわりがなければこちらに移行で問題ないと思われます。
ただ、ボタンや操作方法はもともとのインターネットエクスプローラーとは全然違うので慣れていきましょう。
 
 
・GoogleChorome
Gmailなどのグーグルのサービスをお使いの場合はこちらがオススメです。
Googleアカウントを利用して、さまざまなサービスが使えます。
 
他にも様々なブラウザがあります!
色々試してまたご紹介しますね!

2020.12.14

メールのトラブルはベンハウスにお任せ

 最近メールのトラブルでお客様に呼ばれることが多いです。

その中でも特に多いのがIMAP関連のトラブルだったりします。
 
IMAPをメールサーバーと同期するのでどこのどのパソコンで操作しても同じ状態になるので便利なのですが
同期する端末が多くなるとトラブルが多くなります。
またサーバー側と端末側のセキュリティによっても同期エラーなどの問題になるケースもあります。
 
ベンハウスではIMAPよりもマイクロソフトのExchangeオンラインのMicrosoft 365 Basicをおすすめします。
メール容量は50GBと大きく、また同期もIMAPよりトラブルが少なく、また予定表と連携も可能です。
 
365に限らずメールの対応事例も多くあるのでメールトラブルは一度ベンハウスまでご相談ください。

2020.12.11

yahooアカウントがログアウトできない?

先日 Internet Explorer 2つのyahooアカウントを使用されているお客様から

「片方のアカウントがログアウト出来なくなってしまって、もう一方のメールが確認見れなくなった」とお問い合わせがあり、対応させて頂きました。

 

 

調べてみるとyahooInternet Explorer?の仕様が変更されたらしく「登録情報」というボタンの中にログアウトがありました。

Yahooのメールアカウントを2つ以上使用されている方からしたらめんどくさい仕様変更ですね。

 

 

ただInternet Explorer の後継にあたるMicrosoft Edge ではログアウトが表示されていたので、

めんどくさいのが嫌な方はこれを機にMicrosoft Edge に移行されてみては如何でしょうか。

2020.12.07

進化するウィルス

今年はコンピュータウィルスのEmotetが大流行していることは、先日のブログでもお伝えしました。
ところが、この11月頃から、このEmotetの進化版とも言えるウィルス、IcedID(アイスドアイディー)が流行の兆しを見せています。(実際には亜種等ではなく、別種のウィルスです)

EmotetはWordファイルが直接添付されて送られてきましたが、IcedIDはメールに添付された暗号化したzipファイルの形式で送られてきます。
暗号化されたzipファイルは、受信前のウィルス検知が非常に難しいです。
また、そのメールの文面は日本語で書かれており、日本国内をターゲットとしているようです。

IcedIDは、感染すると金融関連情報や資格情報等を盗み出す動きもします。
更に自分の存在を隠蔽し、その動きを悟られないように、密かに外部と交信し、情報を送信します。
その他の特徴はEmotetとよく似ているため、Emotetへの感染と勘違いして対処を行った場合、被害が拡大する恐れもあります。
ただし、冒頭でも記載していますが、EmotetとIcedIDは別種のウィルスですので、Emotet対策だけでは防御はできません。

コンピュータウィルスは、まず第一に感染させない対策を講じることが重要です。
UTMでネットワーク通信を保護し、万が一すり抜けてきたウィルスはコンピュータにインストールされているウィルス対策ソフトで対処、それでも万が一感染してしまった場合は、被害を最小限に食い止めることも重要になってきます。
リモートワーク等で社外のネットワークに繋ぐ機会も増えてきました。
セキュリティ対策のご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

2020.12.04

会社のパソコンを外から遠隔操作

 会社のパソコンでしかできない事ってありませんか?

 
・会社のサーバーにあるデータを見たい
・会社のシステムを使いたい
など
 
テレワークを「在宅勤務」と思っていらっしゃる方もまだまだ多いのですが、
「リモートデスクトップ」という手段で例えばご自宅や外出先のパソコンから
操作することができます。
 
交通費などの経費削減にもつながります。
 
「働き方改革」意外とあっさり出来てしまいます。
 
【リモートデスクトップの動画】
 
ご相談はベンハウスまで。 

2020.11.30

windowsの更新のはなし

windows10を使っている方で、シャットダウン時に

「windowsの準備をしています
コンピュータの電源を切らないでください」

の表記を見たことがある方も多いと思います。

あの画面が出た時は、実は裏で更新が走っています。

「ものすごく時間がかかって進まないから、電源長押しで消してもいいですか?」

と聞かれる事も多いのですが、できることなら終わるまで放置しつつ様子を見続けてもらいたいです。
重要な更新をしているときにあの画面が出ることが多いので、電源ボタンで強制終了してしまうと、
次回から真っ暗で立ち上がらなくなった!なんてことも"よく"あります。


そのような状態になってしまったお客様も、windowsの入れ直しや、データ退避などを行い
できる限り元の状態に返せるようにサポートもしております。

併せて、万が一のためのバックアップのご提案もしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

2020.11.27

そのネットワークトラブル、自分で直せるかも?

 最近お客様より、
「1台だけインターネットに繋がらない」
「このパソコンだけ印刷できない」
と言ったトラブルで呼ばれることがあります。

実際訪問して作業している内容的には、
誰でもできることのケースがほとんどでした。
 
まずインターネットに繋がらない場合に確認してほしいことがあります。
 
Windows10の場合、下のタスクバー右下に
インターネット接続マーク(スピーカーマイクの横が多いです)があります。
このマークが地球儀マークになっているか、それ以外のマークかで原因の切り分けができます。
もしこれが地球儀以外のマークであれば、原因はかなり絞れてきます。
 
1つは、IPアドレスの複重です。
これは、同じIPアドレスが他のPCやネットワーク機器に割り当てられているときに
繋がらなくなるトラブルになります。
こちらの場合は、IPアドレスを手動で割当しているときによく起こります。
解決策としては、手動IPを被らないものに割り当てるか、自動で割り当てるように設定します。
 
もう1つは、無線ルーターなどからIPアドレスが自動でもらえていないケースです。
この場合は無線ルーターなどを再起動することにより解決します。
こちらのケースの場合、良く起こる場合に関しては、無線ルーターなどの
買い替えが必要となる場合があります。
 
やはりネットワークトラブルはわからないという方は、
ベンハウスのアイコンサポートに入っていただくのがおすすめです!

2020.11.16

最近急にパソコンが遅くなったりしてないですか?

最近 急にパソコンが遅くなったという問い合わせがよくあります。

色々原因を探ってみたのですが、どうやらONENOTEというアプリが原因になっている事が多いと判明しました。
恐らくアップデートとかの影響かなーと予想しています。
重いなーと思う方は一度ONENOTEを止めてみてはいかがでしょうか。
標準で入っているソフトなので、ほとんどのパソコンに入っていると思います。
因みにスタートアップにも入っているのでそっちも止めましょう。
 
ベンハウスではパソコンのお悩み何でも受け付けております!
お困りの方はぜひ一度ベンハウスへご相談ください。
 
 

2020.11.13

ベンハウス光とNURO光ビジネス

 お客様よりWeb会議したいけどどうも途中で画面が止まったりして上手くいかないとご相談がありました。

 
実際に訪問してなぜそうなるか調べてみるとネット速度が1Mbps前後しかなく、ちょっとWeb会議するにはつらい速度であることがわかりました。
 
なにが原因かなとパソコンの設定等のソフトからLANポート、LANケーブルと物理的な部分と調べていくとネット回線契約が原因だとわかりました。
 
このお客様が契約しているインターネットのプランはWeb閲覧、メール、LINE程度の想定した最低限の速度である1.5Mbpsのライトプラン。
 
たしかに安いプランですがこれではYouTubeの視聴やWeb会議をするには支障があります。
 
結局お客様は安さよりしたいことができないのは困ると回線契約を変えていただきました。
 
ベンハウスではベンハウス光といった光回線、光電話のお得なプランも取り扱っています。
 
また最近は最速のインターネットと話題になったNURO光のビジネスも取り扱っております。
 
通信費用が高くて光電話を含めた回線見直しを検討している、回線が遅くて速い回線にしたいなどのご要望がありましたら、お気軽にぜひご相談ください。

2020.10.30

パソコンの画面が映らないトラブル

 本日、ディスプレイが表示されないというお客様のトラブル対応で、お伺いしました。

映像が表示されないとき、原因は大きく分けて3つあります。
1.映像を映す側(ディスプレイ)の調子が悪い
2.映像のケーブルの調子が悪い
3.映像を送る側(パソコン本体)から映像が出力されていない
別のディスプレイを繋いでみたり、ケーブルを変えてみたり…
結果はパソコン本体側、映像出力端子の物理故障でした。
いろんな環境で便利にパソコンが使えるようになった反面、扱う機器が増えてお困りの方もいるかと思います。
オフィスでの"困った"が発生した時は、いつでもベンハウスにご相談くださいね。

2020.10.28

セキュリティ対策もベンハウスにお任せ!

先日のブログ記事で、Emotet(エモテット・イモテット)が大流行という記事がありましたね。

実際かかってしまうと、メールの情報が盗まれるという内容とランサムウェアというウイルスが送られるということがあるという記事の内容でした。
 
メール情報を盗まれないようにするには、メールに添付されているファイルを開かないのが一番ですが、やはり開いてしまう方の方が多いです。
 
また、ランサムウェアに関しては止めることは可能です。
 
先日私のお客様でEmotetのメールを開いてしまったという内容でお伺いしました。
 
そこのお客様は、パソコンにセキュリティ対策ソフトが入っていませんでした。
 
そのため、パソコン内にランサムウェアが入ってしまい動作が重くなっていました。
 
そこでベンハウスセキュリティを提案したところ、すぐに導入を決めていただきました。
 
セキュリティ対策ソフトを入れ、ウイスルチェックをするとしっかりとウイルスファイルを見つけることができ、駆除をすることができました。
 
これがもう少し遅いと…と考えると恐ろしい話ですよね。
 
Emotet関係のランサムウェアは、マルウェアグループでしっかりとEmotetと認識されていました。
 
今回紹介したベンハウスセキュリティ、気になる方はぜひ弊社までお問い合わせください。
 

2020.10.26

名刺の管理のデータ化

みなさん、机の引き出しに溜まった名刺はありませんか?

お客様や取引先と名刺交換をして、溜まった名刺。

後で整理しようと思っても、どんどん増えていき億劫になっていませんか?

ファイリングする面倒な作業が解消できる名刺管理ソフトがあるのです。

  

それが『やさしく名刺ファイリングPRO

  

使い方は簡単!名刺をスキャンで読み込んで画像として保存。その画像データをやさしく名刺ファイリングに取り込むだけ!

パソコンへデータ化して登録することでペーパーレスになります。

データは50音順で登録されるので、管理も簡単!また検索機能もあるのでとても便利です。

さらにCANON複合機の『Document Navigator』という機能と連携すれば、スキャンから登録まで全自動で行うので、ボタン一つでできます。

名刺管理をもっと楽にしたいという方はこちらもお勧めですよ。

  

気になる方は、是非お声がけください。

2020.10.19

ちょっと待って!そのデータまだ助かるかも!

 パソコンが壊れた…データが全部なくなっちゃった…という経験がある方は多いと思います。

あのデータないと困るなぁ、バックアップしとけばよかったなぁと後悔している方に朗報です!

実は起動しなくなったパソコンからデータを取り出せる可能性は0ではないのです。
本体は動かないけど中のデータは生きているということがよくあります

ご相談いただければ、診断+お見積させていただきます。

実績もたくさんあります。
パソコンの中に入っていた大切な資料・メールデータ・思い出の写真 等々
諦めずにベンハウスに1度ご相談ください!

2020.10.09

コンピュータウィルス大流行中です

今年の7月中旬から下旬にかけて、以前流行したコンピュータウィルス「Emotet(エモテット・イモテット)」が再び大流行しています。
このウィルスはWord文書等のマクロ機能を悪用して様々な情報を窃取します。
そして盗んだメール情報を利用して社外にメールでウィルスをばらまき、増殖しようとします。このメールを止めることは非常に難しく、取引先様等にも多大な迷惑をかけてしまう事になります。
また、最終的にランサムウェアと言われる身代金型ウィルスを呼び込むような動作も行います。

「うちには盗まれても困る情報は無いよ。」とはよく聞く言葉ですが、自社がウィルスの送信元となってしまっては大変です。
現在ではセキュリティは多重防御が主流となっています。
ただし、パソコンに複数のセキュリティソフトを入れる等をしてしまうと、システムが不安定になってしまいますので、おすすめしません。

先日もデモ設置したUTMと、現在ご利用中のセキュリティソフトとの相性もありますので、なにかご相談事があれば、お気軽にお問い合わせください。

2020.10.06

UTMのデモ設置

 本日はUTMのデモ設置でした。

今年に入ってから、ウイルスメールが多いのでお客様もどんどん危機意識が高まっているようです。

通信は目に見えないですから、機械に任せるのが一番安心ですね。

2020.08.27

入札サイトに入れません

入札サイトに入れない原因はJAVAの設定が問題でした。

脱ジャバの設定に直しまして

入札サイトでの動作確認いたしました。

 

2020.08.18

パソコン治りました

画面がブルースクリーンになる現象でした。

最初はハードディスクの故障とめどを付けましたが

良く調べてみると2枚あるメモリーの一枚がエラーが出ていました。

メモリーを取り換えて軽快に動くようになりました。

お客様にも感謝されて、やりがいのある仕事でした。