PCネットワークサポートブログ

2022.07.06

尼崎市USBメモリ一時紛失についてのアレコレ

先日、尼崎市にて市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリが一時紛失され、大問題となったことは皆さんの記憶にも新しいと思います。
情報セキュリティの観点からも、ツッコミどころしか無い事件でしたが、上から下まで情報セキュリティに関するリテラシーの低さが露呈し、関心を集めました。
ざっと問題点を洗い出すと以下の様になります。

  1. 禁止されていた再委託先(実際は再々委託先)へ業務委託をしていた。しかも依頼元である市側は再委託の事実を知らなかった。
  2. 禁止されていた個人情報が含まれるデータを無断でUSBメモリにコピーしていた。
  3. 作業完了後、USBメモリ内のデータを消去していなかった。
  4. 個人情報が含まれるデータが入ったUSBメモリを業務外で持ち歩いていた。
  5. 個人情報が含まれるデータが入ったUSBメモリを所持した状態で飲酒、酩酊し(置き引きの被害者とは言え)、USBメモリを紛失していた。
  6. USBメモリ紛失の謝罪会見の際、記者からの質問に対してパスワードのヒントを言ってしまった。

事後対応も含めて「情報セキュリティの教科書に悪い手本として載るレベル」と言われるほどです。
現時点で、「外部への情報漏洩は確認されていない」とのことですが、今までこのレベルでの管理を行っていたとなると、過去どこかの時点で情報が漏れていてもおかしくありません。(今回はファイルの暗号化をしていたとのことですが、仮にこれがパスワード保護のみとなると、条件によっては5分ほどで解除可能です。)

また、なぜデータのコピーでUSBメモリを使用しなければいけなかったのかということに関しては、ネットワークが引かれておらず、外部からデータ取得をする手段としてネットワークが利用できなかったとの事です。お手軽なUSBメモリに頼る様になったことは必然でしょう。
おそらく外部からの不正アクセス等を警戒しての事だと思いますが、逆に外部ネットワーク上でウィルス感染したUSBメモリが使用された場合、ウィルスデータベースの情報が古いセキュリティソフトで対応しきれない可能性もあります。(インターネット繋がっていないから安心!とセキュリティソフトをインストールしていない可能性も……無くはないです)
情報を扱う人全員のリテラシーが高ければクローズドネットワークは効果が高いのですが、そうでなければ、むしろキュアなネットワークを構築して、ファイルアクセス管理システム等で管理し、USBメモリなどの外部メディアを制限するほうが安全性が高いかもしれません。

その他細々、上記以外にもツッコミどころ満載の本件ですが、この事件でセキュリティに対して少しでも関心が高まると良いなと思います。
因みに個人情報を漏洩してしまった場合、企業規模に関わらずに個人情報保護委員会へ報告しなければなりません
このあたりのお話や、セキュリティに関する仕組みの見直し、また社員教育等をお考えの方は、一度ご相談ください。

2022.07.05

ガジェット「モバイルファン」のお話

こんにちは、ガジェット大好き08です。

 
今日は「あ~、思い込みで判断してはいけないなぁ」と見直したガジェットです。
 
それは、「モバイルファン」。そう、充電式の手持ちの小さな扇風機です。
正直、あれを使っているのを見て「そんなんで涼しいか?」と思っていました。
だって、暑い日差しの中、ファンを回したところで熱風が来るだけですから。
しかも2~3000円位するし。。
 
そんな私が先日、イオンタウン姫路の文房具屋さんの店頭でワゴンセールになっていた充電式のモバイルファンを買ってしまいました。
ワゴンセールで800円。
先に見ていた人が、「すごーい。フル充電で3時間も動くんだって。しかも800円」とか歓声を上げていたのも後押しに。。
(口コミ&値下げに弱い。ちなみについ先日は同じものが500円になっていました。)
 
次の日会社で使ってみたら、エアコンが効いた室内では非常に効果的。
外出先から戻って全身から熱を発しているような状況で、これをコッソリ使うと、あら素敵。カ・イ・テ・キ☆
3時間程度しっかり使えます。 充電しながらだと永遠に。
エアコンの効きが弱い社内の打ち合わせテーブルで仕事をする際にも、このファンで快適スペースに早変わり。
集中力が上がります。
これはエアコン温度も上げずにすむしエコなのでは?
 
知ってました?エアコン設定28℃推奨というのは「熱中症にならないギリギリの温度が28℃」という話を。。。
いつのまにか世間は28℃にすることになってしまっていますが。。
 
はい、これが「あ~、思い込みで判断してはいけないなぁ」「売れているのには理由があるなぁ」と見直したガジェットのお話でした。
ではまた。

2022.07.01

根強い人気、ムービーメーカー

 最近になって、「ムービーメーカーないの?」と聞かれることが多くなりました。

動画再生だけでなく、そこそこの動画編集もできて、捜査がシンプルだったこともあり
人気だったようです。
当時のアプリがあったので、windows11で動かないもんかどうかインストールしてみました。
インストール → 普通にできました。
動画再生   → 普通にできました。
動画編集   → 普通にできました。
なんでなくなったのか不明なぐらい。

Windows7まで普通にあったので、そりゃ11でも動きますよね。
もしかしたらまだ欲しい人がいるかもしれませんのでちょっとアップしておきましょうか。
ソフト動作はあくまで自己責任で。

2022.06.29

電波の飛びが悪いハナシ。

どうも、青森出身の24番です。

先日、小さなリンゴのついた白い靴下が売っていたので、ついつい購入してしまいました。
職場でも、たまーに履いているんですが…先日お客様先でスリッパに履き替える際に、事務の方が靴下に気付いてくださって一言。
「なんでトマトの靴下履いてるの…?」
確かにこの靴下、手元で見るとリンゴ模様なのですが、足元まで離れてしまうとトマトに見える…。
結局、その後も複数人のお客様に気付いて頂けましたが、9割以上の方が「なんでトマト…?」と首をかしげていたので、
今度はもっとリンゴと一目で見てわかりやすく、さらにビジネス的に問題ない…そんな靴下を探そうと思います(?)
もし、いい靴下屋さんを知ってる方がいたら、ぜひ24番に教えてください。
 
 
お客様に「休憩室に無線の電波があんまり飛んでない気がする、特にお昼がひどいんですよね」と言われ、調査をしました。
無線の電波は、①鉄の塊や、鉄板。そして②水場をまたぐと一気に電波強度が落ちてしまいます。
とあるお客様は、エレベーターをまたぐ形で無線の機械を置いてらっしゃって、
エレベーターがその階を通過するときに、お部屋ではガクっと電波が落ちてしまう、なんてこともありました。
さらに、無線の機械からは電波が2種類出ているのですが、そのうちの一種類は電子レンジと干渉し合い、電波が全然飛ばなくなります。
 
 
相談されたお客様の環境は、無線の機械からキッチンをはさんでお隣の休憩室で電波が悪いタイミングが発生するとのこと。
上記の条件で言うと、キッチン(水場&冷蔵庫等の鉄の塊)のお隣の部屋。
さらに、お昼時に職員さんで電子レンジを使うと休憩室への電波の飛びが全然安定しない、といった状況でした。
最終的に、そのお客様では休憩室までLANケーブルを引っ張って中継器を置き、休憩室の電波を安定させる形となりました。
電波は上記の条件だけではなく、混線や建物の作り等いろんな条件で弱くなったり、つながりが悪くなってしまうことがあります。
電波の強度は目には見えないものなので、お困りの方は是非ベンハウスにご相談ください。
 
 
いつか将来、Wi-Fiに色がついて、目で見て強さや飛び方がわかるメガネとかができたらいいのになぁ…なんて思ってしまう24番でした。
(もし出たら、08番さんが嬉々としてブログで紹介してくれそう✨)

2022.06.27

サポート詐欺にご注意を

最近テレビでも取り上げられていたのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、サポート詐欺というものが流行っているようです。

 
 
パソコンでインターネットをしていると、突然警告音が鳴り響き、
 
「パソコンがウイルスに感染しました。このままでは個人情報が抜き取られます。対策するには今すぐこちらへ電話を!」
 
といった派手な警告メッセージとともに電話番号が画面に表示されます。
 
慌てて表示された番号に電話をしてみると、マイクロソフトや大手セキュリティソフト会社のサポートを装って、外国人が片言の日本語で電話対応をするそうです。
 
そして最終的には言葉巧みにパソコンのサポートに入るように誘導されて、サポート料としてクレジットカードやプリペイド式電子マネーで支払いをするように促されるという手口です。
 
 
警視庁も「警告画面が表示されても安易に画面の指示には従わず、ブラウザを強制終了するか、警告画面が消せない場合はPCを再起動させてほしい」などと呼び掛けています。
 
パソコンの操作に自信がない方は、画面に警告メッセージが表示された時点で、ベンハウスまでご相談ください。
 
 
また、もしこの現象に心当たりのある方は、一度警視庁のサポート詐欺のページを見てみてください。
 
●警視庁 サポート詐欺の紹介ページ